書籍コーナー

ホーム
自己紹介とHP掲載の趣旨
探索の旅
情報レポート
八ヶ岳高原の四季
書籍コーナー




 

 

 

『5次元入門』

アセンション&アースチェンジ

徳間書店刊(686円+税)

2刷り目販売中

 

 

 

 

 

 

 

『クラリオン星人はすべてを知っていた』

マオリツィオ・カヴァーロ著
浅川嘉富 解説



徳間書店刊(1900円+税)

 

 

 

 

 

『飛鳥昭雄×浅川嘉富』

学研刊(1800円+税)

 

 

『5次元体験の超衝撃』
         
徳間書店刊 (686円+税)

 先史文明研究家として、数々のミステリースポットを
 現場検証してきた浅川嘉富。ヘミシンクによる異次
 元探査を実践する坂本政道。

 2012年の真実を明らかにすべく、いまここに2人
 のエキスパートが立ち上がった!

 最強のコラボレーション!!
 

 

 

 

 


『クラリオン星人にさらわれた私』

  
マウリツィオ・カヴァーロ著  浅川嘉富 監修

全人類の未来の鍵を渡された男、クラリオン星人の
秘密地下基地に行き、彼らの叡智を直接脳内に
注入された人物が、すべてを明らかにする!

クラリオン星人はこの惑星地球の全過去、現在の
人類が抱かされた幻想といつわりの現実、アセン
ションの超秘密のすべてを知っている!!

 

税込み価格 1790円(徳間書店刊)


 


『2012年12月21日に何が起こるのか?』 (
監訳本)

 パトリシア・マーシア著  浅川嘉富 監訳

クリスタル・スカル(水晶ドクロ)が語る2012年
次々と明らかになる時間の終焉のその日、その時、
大天変地異、銀河中央と人類の超意識の中に開く
次元間の通路、宇宙人との関係、新生人類の誕生
などアセンションへの移行が赤裸々に語られる。

 マヤの最高神官 ドン・アレハンドロ が登場する本書
は、縁あって私が監訳者となり、「後書き」を書かせ
て頂いた。

  税込み価格 1890円(徳間書店刊)

 

 

写真集 『最後の楽園・PERU 』

延べ4年半、5回にわたって、世界遺産「マヌー
国立公園」の撮影ロケを決行!!

そこに棲息する鳥、動物、蝶など100種の姿を掲載
した本書は、我が国で初めて出版されるペルー・
アマゾンの野生動物の貴重な記録である。

今、アマゾンでは温暖化と大型農園開発によって、
1日に100種の鳥獣たちが絶滅へと向かっている。

数年後には、掲載された鳥獣たちの何種類かは
姿を消しているかもしれない!!

   12月に再販予定 お待ち下さい!!

   nfo@npo-shizen.org へご注文下さい。


 

 

        品切れになりました。

 

 

人類史をくつがえす奇跡の石』 
(監修本)

ロボット、宇宙人、宇宙船、アトランティス、ムー、他惑星、プレアデス星団の人類、古代都市、医療テクノロジーなど驚くべき事象が刻まれた石――イカの石、すなわちカブレラストーンの謎と不思議、その全貌と詳細を明らかにする。

カブレラストーンの発見者にして第一人者の筆は、タブーを恐れない。地球人類の起源が宇宙人によるものだったことが次第に明らかにされる……。

解明不能と思われた人類の過去が、太古の時代に刻まれた石の文様によって鮮やかに甦る、衝撃の書。

徳間書店刊  定価 1680円(5%税込)  

著者 カブレラ博士/ 翻訳 林陽/監修 浅川嘉富

 

  『人間死んだらどうなるの?』

人はどこから来て、どこへ行くのか ?
「死後の世界」の探求は、人間の根元的な問題、つまり、人の来所・往所」を知る旅である。またそれは、人の心に「霊性」を取り戻す旅でもある。

かって人類が経験したことのない惨劇が目の前に迫っているのが事実だとしたら、私たちが「霊性」に目覚めるために与えられた時間は、あとわずかしかない !!

中央アート出版社刊     定価 :2310円(税込み)
 

 

  恐竜と共に滅びた文明 増刷4刷りへ

6500万年前に滅亡したとされる恐竜たち。だが、南米ペルーのイカで発掘された石「カブレラストーン」には、何十種類もの恐竜たちの姿が克明に刻まれていた。

また石の中には、天体望遠鏡で巨大彗星をを観測する人々の姿や心臓摘出手術などの様子が描かれた、目を疑うようなものが含まれていたのだ!!

先史文明の実在と恐竜と人類共存の事実を解き明かした衝撃の書

イカの線刻石」として、ヒカルランドから出版

 

 

  『謎多き惑星地球』 増刷4刷りへ

1万5000年前、巨大彗星の接近によって
 先史文明は終焉を迎えていた!!

スウィスト・タットル・キウチ彗星の発見者・木内鶴彦氏が臨死体験中に眺めた先史文明崩壊のヴィジョンを追って、著者は謎の空中都市「マチュピチュ」へと飛ぶ。

そこには「ホピの神話」が伝える先史文明のまぎれもない痕跡が残されていた!
3年間に及ぶインカ・エジプト・マヤ遺跡の探索をもとに、今解き明かされる人類の「隠された起源」と戦慄の「近未来預言」

税込み価格 : 2100円(徳間書店刊)

2012新春文庫本として、ヒカルランドから出版予定

 

  推薦図書 

『宇宙船天空に満ちる日』
 

プラネタリー・クリーニング(地球大浄化)のその日、その時、地球を覆うほどに膨大な数の宇宙船と空飛ぶ円盤が訪れる。

人々は大天変地異に起こるポールシフトを地球の外から眺めることになる ・・・・・

本書は拙著「5次元入門」でもご紹介しているが、今回は縁あって序文を書かせて頂いた。今は亡き渡辺大起氏とのご縁の深さを感じる一冊である。

       590円+税 (徳間書店刊)

 

 

戻る 上へ