戻る 進む

 


ホーム
上へ
北米とカナダで記録的な酷暑
カナダの猛暑、山火事を引き起こす
米国と中国の最新情報
エジプトとエチオピアのダム建設を巡る
北米とカナダの西海岸一帯の猛暑の実体
気候変動の始まりを告げるドイツ西部の洪水
人工知能兵器の脅威
気温上昇が続くギリシャで45℃を記録
米軍の悲惨なアフガンからの撤退劇
心が痛むアフガンの惨状
南フランスで大規模な森林火災
米軍撤退によるアフガンの惨状
アフガンからの撤退に合わせて史上最大のハリケーン「アイダ」がルイジアナ州に上陸
拡大し続ける米国の自然災害
気候危機の到来を自覚しているバイデン大統領
米国南部を次々と襲うハリケーン
中国の不動産大手の経営悪化がもたらす世界経済への影響
ハイチ人の不法入国に揺れる米国
スペイン領・ㇻパルマ島の噴火の惨状
イタリアの首都ローマの街中の珍しい光景
イギリスの主要都市のガソリンスタンドでガソリンが枯渇

アフガンからの米軍の撤退に合わせて、史上最大   のハリケーン「アイダ」がルイジアナ州に上陸



 
 

 
 


日本時間の今朝、アフガニスタンのカブール空港から、米軍最後の軍用機が撤退。

 
 

20年間にわたる米国にとって最も長い戦争が終わり、日本時間の今朝早朝、アフガニスタンから最後の軍用機が撤退した。

これを受けてタリバンは「我が国は完全に自由になり独立した」とツイッターに投稿。またロイター通信は、人々が米軍撤退を祝って集まり、車のクラクションを鳴らして喜んでいる情景を伝える一方で、タリバンの下では仕事はない、子供を食べさせていく為には国を出ていくしかありません」と隣国イランに向かって避難する市民の悲惨な様子を伝えていた。

20年間に250兆円という巨費を使ってアフガニスタンの内政に関わってきた米国の支援活動は、アフガンの国民に何をもたらしたのか。バイデン大統領の発表した撤退期限を前に飛び立っていく最後の軍用機を恨めしそうに見つめる、避難できずに残された市民の姿を見ていると、なんともやりきれない気持ちになった。

今朝早朝のアメリカABCニュースが、そんな米軍のアフガンからの撤退情報を後回しにして報道したのが、米国南部ルイジアナ州を襲ったハリケーン「アイダ」の惨状であった。それを見ていた私は、米軍のアフガンへの参戦と統治はアフガンの人々を救うことにならず、苦しみと悲しみを残しただけだったようだと、思わずにはおれなかった。

米軍の撤退時に時を合わせてルイジアナ州ニューオリンズ市を襲ったハリケーン「アイダ」が、上陸時の最大瞬間風速が74mと米国のハリケーンで史上最大の勢力となって甚大な被害をもたらしていたからである。「これは決して偶然ではない」、天は米軍のアフガンへの参戦が意味のないものであったことを、ハリケーン「アイダ」をもって米国民に知らしめたに違いない、と強く感じたのだ。

 
 

 
 


米軍のアフガニスタンからの最後の撤退の日、記録的な勢力
を持ったハリケーン「アイダ」が米国南部ルイジアナ州に上陸した。

ニューオリンズ市の洪水の被害 @

 

 
 

 
 



A
 

 
 

 
 


B

 

 
 

 
 


C

 

 
 

 
 



強風による被害 @
上陸後、「カテゴリー4」の勢力を4時間にわたって維持し、
町の一角は壊滅的状況と化してしまった。

 

 
 

 
 



A

 

 
 

 
 



B 最大瞬間風速74mの記録的な強風によってなぎ倒された大木。
 

 
 

 
 



C

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む