戻る 進む

 


ホーム
上へ
カメラマン泣かせの雪の少ない冬
待ちに待った八ヶ岳の雪景色を撮る
待ちに待った八ヶ岳の雪景色を撮る A
梅林を訪ねる
春の初めに咲く可憐な福寿草(フクジュソウ)
残雪の富士を撮る
実相寺の樹齢2000年の神代桜 @
実相寺の樹齢2000年の神代桜 A
山梨の名所・昇仙峡を訪ねる
我が家周辺の春を撮る
「六道の堤」「高遠城址」の桜を撮る
春爛漫・咲き誇る野草
心を癒す新緑の景観 @
徳乃蔵「最後の楽園PERU」開催のご案内
心を癒す新緑の景観 A
心を癒してくれる草花たち
ハイジの村を訪ねる
深緑の候の信濃路を行く @
「深緑の候」の信濃路を行く A
深緑の上高地を訪ねる @
深緑の上高地を訪ねる A
初夏の草花 @
初夏の花 A
「セサル・ラトーレ氏の演奏会」終了
初夏の草花 B
散策中に目に留まった草花 @
散策中に目に留まった草花A
八ヶ岳山麓・野辺山高原に咲く草花
晩夏の花
美花短命の「月下美人」を撮る
八ヶ岳山麓の秋景色が始まった

  深緑の上高地を訪ねる A

 
 

 
 


梓川(あずさがわ)

 

 


今回は「深緑の上高地を訪ねる」の2回目です。今月の第1週に訪ねてから2週間ほどになりますが当日のような快晴は1日もありません。まさに金龍様のお力添えで最高の日和の中で撮影させて頂けたようです。

河童橋の下を流れる青空を写した綺麗な川面は、カメラマンにとって最高のチャンスでした。これからしばらくは梅雨が続きますので、皆様に喜んでいただけるような風景写真は撮れないかもしれません。

梅雨の間は草花が中心となるかと思いますが、草花は雨のしずくが葉に残った姿が絵になりますので、梅雨空の下の そんな草花を撮って来たいと思っております。

 



 

 


ツツジ @
 

A

 





 

深緑の木々


カラフルな観光バスと穂高連峰
がマッチして絵になっている。
 


残雪が残る奥穂高岳
 

 

 


 


焼岳

日本百名山に選ばれている、
標高2455mの活火山。
上高地から日帰りで登れる
山として多くの登山客に
親しまれている。
 

深緑に囲まれた梓川
(あずさがわ)

上高地のシンボルと言われ
ている幅3.1m、長さ
36.6mのつり橋「河童橋」

 

 

 

 

 
 




 

戻る 上へ 進む