戻る 進む

 


ホーム
上へ
カメラマン泣かせの雪の少ない冬
待ちに待った八ヶ岳の雪景色を撮る
待ちに待った八ヶ岳の雪景色を撮る A
梅林を訪ねる
春の初めに咲く可憐な福寿草(フクジュソウ)
残雪の富士を撮る
実相寺の樹齢2000年の神代桜 @
実相寺の樹齢2000年の神代桜 A
山梨の名所・昇仙峡を訪ねる
我が家周辺の春を撮る
「六道の堤」「高遠城址」の桜を撮る
春爛漫・咲き誇る野草
心を癒す新緑の景観 @
徳乃蔵「最後の楽園PERU」開催のご案内
心を癒す新緑の景観 A
心を癒してくれる草花たち
ハイジの村を訪ねる
深緑の候の信濃路を行く @
「深緑の候」の信濃路を行く A
深緑の上高地を訪ねる @
深緑の上高地を訪ねる A
初夏の草花 @
初夏の花 A
「セサル・ラトーレ氏の演奏会」終了
初夏の草花 B
散策中に目に留まった草花 @
散策中に目に留まった草花A
八ヶ岳山麓・野辺山高原に咲く草花
晩夏の花
美花短命の「月下美人」を撮る
八ヶ岳山麓の秋景色が始まった
大統領の差別的発言に非難が噴出

八ヶ岳山麓・野辺山高原に咲く草花

 
 

 
 


標高1500mの日本一高い野辺山高原を走る「小海線」

 
 

全国各地で大雨による洪水や土砂崩れによる被害が多発しているが、幸い八ヶ岳山麓一帯は大きな被害は出ていないものの、連日、曇り空と雨の憂鬱な日々が続いている。そんな中、先日、一時の晴れ間を見つけて標高1500mの野辺山高原を訪ねた。

猛暑の中であったが、さすがにこの高さまで行くと気温は30℃を大きく下回って湿度も低く、心地よく吹く風のお陰で気持ちの良い一時を過ごすことが出来た。 また周囲に咲く草花たちも暑さに負けずきれいに咲き誇っていた。

地方によっては、まだまだこれから1週間近く曇り空と雨の日が続くようであるが、くれぐれも体調を崩さないよう気をつけてお過ごし下さい。徳乃蔵にご来館頂ける皆様には、お会いできるのを楽しみにしております。

 



 



 


ヒマワリ @
 

A

 

 



 


百日草 @
 

A

B

 



 


フロックス
(ブルーパラダイス)
 

オミナエシ(女郎花)

アリストロメリア
(ペルーのユリ)

 



 


野辺山天文台の望遠鏡

最大の望遠鏡の口径は10m
 

   

 

 
 




 

戻る 上へ 進む