満開の高遠城跡を訪ねる
 

 


ホーム
上へ
ハイジの村を訪ねる @
ハイジの村を訪ねる A
白馬村を訪ねる
カブレラストーン実物展示のご案内
春の到来を告げるフクジュソウ
徳乃蔵ニュース
実相寺を訪ねる @
実相寺を訪ねる A
「カブレラストーン展」への最後のお誘い
満開の高遠城跡を訪ねる
10日間の大型連休始まる
徳之蔵ニュース
立山黒部アルペンルートを訪ねる
ステラとルナの散歩
「ハイジの村」を訪ねる
記録的な日照時間の減少がもたらすもの
「八ヶ岳ホースショー in こぶちさわ」
「スイレン」と「ハス」

満杯の花見客

 
 

 
 

先週の月曜日、時間を作って写真撮影に行ってきた。訪問先は長野県の伊那市にある高遠城址公園である。ここは赤みの強い固有の品種「タカトオコヒガシザクラ」が約1500本咲いていることで桜の「日本三大名所」に数えられている桜の名所である。

観光客が多いことで知られているので、土日・祭日を避けて訪ねたのであるが、それでも花見客で公園内は人、人で一杯。 満開時であったので桜は綺麗であったが、写真撮影となるとお手上げ。それでも時間をかけて人の少なくなる時をじっと待って撮影して来たので、掲載の写真には人の姿は少なくなっているので、何とか見て頂けるのではないかと思っている。

この公園は桜の本数も多く赤みがかった花弁だけに、見ごたえがあることは確かである。それゆえ花見には最高であるが、残念ながら写真撮影には向いていないようだ。切り取って絵になる箇所が少ない点と、 花見客が多過ぎるためである。

何とか見て頂けそうな写真を数枚掲載させて頂いたので、心の癒しに少しでお役に立っていただけたら幸いである。

 



 

 



 

 

 



 



 

 

 

南アルプスを望む

 



 

 


桜雲橋
 

空堀


 

 




 

戻る 上へ 進む