メリーランド州の被害甚大


ホーム
上へ
パレスチナで多数の死者発生
支援金は集まれども使うこと出来ず
頻度を増して来た噴火と地震
またシリアで化学兵器使用
中国にあった不思議な村
米国、シリア攻撃
一段と進む「欧米対ロシア」の対立
北朝鮮、突然の豹変の真相
カナダで車を使った殺傷事件発生
習近平が進める「一つの中国」政策の行方
融和ムードの中で行われた南北首脳会談
イラン核合意破棄に向かう米国とイスラエル
活発化するハワイのキラウエア火山
さらに拡大するキラウエア噴火
拡大する世界の異常気象
米国、イラン核合意から離脱発表
イラン核合意破棄の波紋広がる
世界に衝撃!! 家族ぐるみの自爆テロ
大使館移転がもたらした悲劇
これでもかと襲う米国の自然災害
キラウエア大規模噴火
米国、またもや高等学校で銃乱射事件
イラン情勢に「火に油」を注ぐトランプ政権
米朝首脳会談中止
乱れる人心、獣と化す人間
今年もまた甚大となるかハリケーン被害
メリーランド州の被害甚大
プラスチックによる海水汚染の危機

1000年に一度の洪水が再び発生

 
 

 
 


鉄砲水で流された車両

 
 

昨日、「今年もまた甚大となるかハリケーン被害」で、トロピカルストーム「アルパート」の上陸を前に、フロリダやメリーランド州など南部一帯が大雨と強風に襲われたことをお伝えしたが、どうやらメリーランド州の鉄砲水は記録的なもので、甚大な被害が発生したようである。

28日の米国ABCニュースがその様子を伝えていたので、被害の状況を見て頂くことにした次第である。 下に掲載した写真を見てもらえれば、その被害がいかに大規模なものであったかがお分かりになられるはずである。 

中でも私が驚いたのは、被災者が語った次の発言であった。

「1000年に一度と言われる嵐が、2016年に次いで2度も発生し、今回の被害は2016年を上回る規模となった」

1000年に一度あるかないかという規模の災害が、わずか2〜3年で2度も起きているのだ。 この言葉を聞いただけでも、近年、米国における自然災害の規模と頻度がいかにひどい状況となって来ているか、分かろうというものである。 ウォータークロックの到来が日に日に近づいて来ていること実感して頂けたら幸いである。

 
 

 
 

 

 

 
 

 
 

 

 

 
 

 
 

 

 

 
 

 
 


鉄砲水ではがされた道路のアスファルト。 水の勢いがいかにひどかったかが分かる。

 
 

 

 
 

 

 




 

戻る 上へ 進む