今度はロシアとメキシコで異常気象
 

 


ホーム
上へ
米国でまた奇妙な事故発生
ホルムズ海峡で再びタンカー攻撃
200万に達した香港のデモ
新潟・山形で地震発生
「動物愛護改正法案」成立
米軍の報復・イラン軍にサイバー攻撃
作物に影響し始めた異常気象
「金の力」で中東和平を狙うトランプ大統領
千島列島の雷公計島(ライコケ島)の噴火
今年もまた欧州で記録的な猛暑
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領

シベリアで大洪水発生

 
 

 
 


ロシア北部のシベリアで発生した大洪水  ( ロシアTV)

 
 

2日ほど前から九州から四国にかけて雨、雨の連続。先日「作物に影響し始めた異常気象」で、九州北部(山口、福岡、大分、佐賀、熊本、長崎)の梅雨入りに関しては、過去に最も遅かった記録・6月22日を更新することになっことをお伝えしたお伝えしたばかりである。

ところが26日ごろから雲行きがおかしくなり、九州と四国地方は連日の強い雨で、洪水やがけ崩れが起き始めており不安が広がっている。まだこれから2〜3日、強い雨が降り続くようなので心配だ。それにしても、梅雨入りする前に台風が来て、その後に連日の大雨で洪水に見舞われ るという状況はあまりに異常である。

まさに、気象の異常さを絵にかいたようなものである。目を世界に広げると気象の異変は世界各地に広がっているのが分かる。今回お伝えするのはロシアの洪水と中米の大量のひょうによる被害である。

ロシア北部シベリアのイルクーツク州では大雨による大河の増水で洪水が発生。3万人が停電と断水に遭遇し、5人が死亡2人が負傷。ロシアの非常事態省は今も河の水流は上がり続けており、このまま 水位が上がり続けるようなら、ダムの決壊もありうるとして警告を発している。

プーチン大統領はG20会議から そのまま被災地に直行し、7月1日の深夜の3時から現地の州知事などを集めて対策会議を開催。掲載した写真を見てもらえれば、被災地はビルの立ち並ぶ都市部から住宅街まで幅広く広がっており、木造の住宅は屋根まで、5階建てのマンションは2階まで水に浸かっているのが分かる。 

 
 

 
 



 

 
 

 
 



 

 
 

 
 

 

 

 
 

 
 



 

 
 

 
 



 

 
 

 
 

 

 
 

メキシコでは季節外れの大量のひょう

 
 

 
 


メキシコのハリスコ州では大量のひょうに街が埋もれた

 
 

メキシコ・ハリスコJalisco)州のグアダラハラGuadalajara)で630日、大量のひょうが降り 車が立ち往生、住民を驚かせた。ひょうは最も多いところで2メートル積もったというから驚きである。グアダラハラは首都メキシコ市の北西に位置する人口約500万人の都市で、同国で最も人口の多い都市の一つである

この時期にひょうが降ることは珍しくはないが、今回ほど大量のひょうが降った前例はないようである。ハリスコ州のエンリケ・アルファロ知事も、「グアダラハラでこんな光景は見たことがない」と驚きを示し、気候変動 が現実となって来ていることを、実感させられる。まさに、今まで誰も見たことのない自然現象だ。信じ難い」と語っている。

家屋と事業所合わせて200軒近くがひょうによる損傷を受け、丘陵地帯では少なくとも50台の自動車が氷の濁流に押し流され、中には氷の下に埋没した車もあったようである。温かいはずのメキシコで氷の濁流が発生し、車が流され埋没することなど考えられない事態である。

AFP通信が伝えるひょう被害に遭った街の様子を見ると、我々には想像もできない状況と化しているのが分かる。町全体がひょうの洪水に見舞われており、街の大通りは積雪したひょうに埋もれ、車は飲み込まれ、まるで流れ下る大水が一瞬にして氷と化したようである。とても真夏に入ったこの時期に見られる光景ではない。

 
 

 
 


全体がひょうに埋もれた町 ( 6月30日撮影、AFP)

 

 
 

 
 


ひょうに埋もれた車両の姿に呆然とする男性。

 

 
 

 
 


ひょうの上を歩く女性と犬。 見たことのない情景である。

 

 
 

 
 


ひょうの上を自転車を押しながら歩く男性

 

 
 

 
 


ひょうに覆われた歩道で呆然とたたずむ人々。 まるでひょうが流れ下っているようだ。

 

 
 

 
 


恐る恐るひょうの上を歩く女性と子供

 
 

追伸  「徳乃蔵ニュース」

 

「神々の楽園八ヶ岳」写真展は今月が最後になりますが、既に何回かご来館頂いておられる皆様に、新しい写真をご覧頂けたらと思い、今日から数点の写真を入れ替え致しました。

入れ替えた6枚の写真の中でも、夏ならではの夜景を写した3枚の写真は、きっと皆さまに喜んで頂ける ことと思っております。特に画廊正面に展示させて頂いた一枚は、他ではあまり見ることのできない珍しい写真ですので、ご覧になられたらきっと驚かれるに違いありません。

お伝えしている通り、世の中、日に日に騒然となって来ています。 一人でも多くの方がご来館頂き、金龍様の放つ聖なるエネルギーを受けて心を癒して頂けることを願っております。新しく展示させて頂いた6枚の写真は全て、カブレラストーンから「聖なるエネルギー」と「愛のエネルギー」、そして「爽やかなエネルギー」を放射して頂いていますので、きっとあなたの心を癒し 、波動を上げるのに力を貸して下さることと思います。

6日(土)、7日(日)はセサル・ラトーレの「ペルー民族音楽」演奏会、また20日(土)には琴演奏会「八ヶ岳で奏でる輝音への扉」が開催されます。 どうぞ300年の歳月が眠る徳乃蔵のカフェルームで、素晴らしい演奏をお聞きになって心を癒して下さい。

 




 

戻る 上へ 進む