戻る 進む

 


ホーム
上へ
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領
アマゾンで燃え広がる森林火災
拡大するスペインの自然災害
激しさを増し始めた世界情勢
悪化の一途をたどる米国
ボルソナル大統領、G7の支援を受け入れ
前代未聞の大型ハリケーン、バハマ島を襲う
ハリケーン「ドリアン」、北米大陸沿岸を北上
軍事力を強める一方の北朝鮮
海水温上昇がもたらす異変 @
海水温上昇がもたらす異変 A
成果なく終わった気候変動サミット
米国北部で季節外れの大雪
軍拡に向かう中国
ジャーナリスト・カショギ氏殺害から1年

前回を上回るⅯ7・1

 
 

 
 



 

 
 

アメリカ西部カリフォルニア州のリッジクレスト村付近で5日夜8時(日本時間の6日正午)、マグニチュード7.1の地震が発生 、震源の深さは17キロ。前日の4日に同じ地域で起きたM6.4の地震以降、1400回に達する余震が続く中で起きたものである。

前回の記事「噴火、地震。竜巻」、数日以内に、もっと大規模な地震が発生する可能性があるので注意が必要だと、ABCニュースが伝えていた通りとなった。米国のCNNテレビは今回の地震は前回の4日の地震に比べて エネルギーの強さが11倍だと報じているが、幸いにも、ビルやマンションの崩壊には至っていないようである。

その後、カリフォルニア州政府は日本時間の6日夕方、記者会見を開き、震源に近いリッジクレスト市やその周辺でガス漏れによる火災が相次ぎ、建物の崩壊も起きており、一部の地域では、停電や断水が続いていることを明らかにしている。

今回の地震は地質学者が「地震系列」と呼ぶ「後震」の一部であったわけであるが、これが本震で最後の地震となってほしいものだ 。しかし、M7以上の地震が今後1週間で起きる確率はまだ2%程度残されているようなので心配である。

どうやら、一連の地震がカリフォルニア半島が海底に沈むとされる、超巨大地震の前触れの一つである可能性もゼロではなさそうである。

 
 

 

 


リッジクレスト市内で起きた住宅火災
 

 

 

 

 


プールサイドに倒れた主婦は立ち上がれず夫を呼んでいる

 

 

 

 

 


室内はかなり厳しい状況になっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む