戻る 進む

 


ホーム
上へ
寒さ厳しい中地球上で最悪の人道危機に置かれたアフガニスタン
トンガ島近海で「1000年に1度の大噴火」
今もなお続くトンガ島近海の海底火山
世界初・豚の心臓を人間に移植
米国北東部で記録的な冬の嵐
災害大国と化した米国では大型の冬の嵐
緊迫するウクライナ情勢
コロンビアのネバドデルルイス火山の噴火発生
今日は数百年に一度の記念すべき日
ロシア軍のウクライナ侵攻始まる
劇化するウクライナ情勢
市民を巻き込んだ戦争へと進むウクライナ情勢
緊迫度を増すウクライナ情勢
他人事ではなくなってきた「ウクライナ情勢」

 緊迫するウクライナ情勢

            近隣のリトアニア」へドイツ軍増派
 
 

 
 


ウクライナの近くで戦闘訓練を行うロシア空軍機

 

 
 

 
 


今後の状況次第でウクライナがロシアとEUとの争いの起点となるかもしれない

 
 

このところ、ロシアとEUに挟まれた西ヨーロッパのウクライナを巡る情勢が混沌として来ており、遠く離れた日本ではよそ事と考えている方が多いようであるが、ロシアと欧米との関係悪化につながる可能性が高いだけに、注目しておく必要がありそうである。

フランスではこうした情勢が原油価格の高騰をもたらし、1バーレルの先物価格が95ドルを超え100ドルに達する厳しい状況に近づいており、市民の石油や灯油の買い占めが発生して市民生活に甚大な影響が出始めている。その結果、市民は車の使用を抑える状況となっているようである。

こうした状況下でかってのソ連時代にウクライナ同様、ソ連 邦に併合させられていたバルト三国の一つであるリトアニアは現在NATO(北大西洋条約機構)に加盟しており、NATO軍の1200人の兵士が駐留しているが、今日のドイツZDFテレビはドイツ政府がそのリトアニアにウクライナの戦闘に備えて新たに350人の部隊を増派することになったことを伝えていた。

それは、もしウクライナにロシア軍が侵攻するようなことになったら、ドイツ軍を投入することになるぞというロシア政府に対する牽制のためである。ただフランスやドイツなどEU諸国はロシアから大量の石油を購入しているため、ウクライナ紛争でロシア軍と戦闘を交えることは避けたいところである。

こうした状況下、ドイツのショルツ首相がウクライナとロシアを訪問し、ウクライナのゼレンスキー大統領とロシアのプーチン大統領と対談し、ウクライナ問題を平和裏に収めようとしている。これで、ロシアのウクライナへの軍事侵攻が回避されれば良いのだが、一歩間違うと、ロシア対EUとの争いに進む可能性が あるだけに、事態の進行をしっかり見守っていきたいものである。

 

 


ロシア軍は12万人を動員してウクライナの近くで軍事訓練を実施。
いつでもウクライナに侵攻できることを誇示。
 

 
 

 
 


ロシアとウクライナの戦闘に備えドイツは「リトアニア」に350人の兵士を増派。

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む