戻る 進む

 


ホーム
上へ
寒さ厳しい中地球上で最悪の人道危機に置かれたアフガニスタン
トンガ島近海で「1000年に1度の大噴火」
今もなお続くトンガ島近海の海底火山
世界初・豚の心臓を人間に移植
米国北東部で記録的な冬の嵐
災害大国と化した米国では大型の冬の嵐
緊迫するウクライナ情勢
コロンビアのネバドデルルイス火山の噴火発生
今日は数百年に一度の記念すべき日
ロシア軍のウクライナ侵攻始まる
劇化するウクライナ情勢
市民を巻き込んだ戦争へと進むウクライナ情勢
緊迫度を増すウクライナ情勢
他人事ではなくなってきた「ウクライナ情勢」

 今日は数百年に1度の記念すべき日 



 

読者の皆さん、今日は何月何日でしょうか? 2月22日、別に祝日でもなければ何かの記念日でもない単なる平日ですね。しかし、西暦で表現すると「2022年2月22日」となり、2の字が「6個」連なった 大変珍しい日なのです。

こうした年月日は長い歴史の中ではいくらでもあるのではないか、と思われるかもしれませんが、実はそんなにある年ではないのです 。 これまでの西暦2022年の中で同じ一桁の数字 (1,2,3・・・・9)が最も数多く使われたのは今から911年前の「1111年11月11日」で、この日は1の数値が「8個使われた稀中の稀の年です。

こうした同じ数値が並ぶ年は極めて稀で、これから先、1000年先までに、同じ数値が8個並ぶ日は1日もありません1000年どころか1万年先までなく、最も数が多いのは、200年先の「2」の数が7個並ぶ2222年2月22日」 なのです。ですから今日は人類にとって記念すべき「特別な日」なのですが、そんなことに気づいておられる方は少ないのではないでしょうか。

今日がそんな特別の日であることに気づいたのは、新聞の日付に目をやった時に2の数字がずらりと並んでいることがきっかけでした。私はそんな記念すべき日に遭遇したことを天に感謝し、今夜はルナとステラと一緒に娘の作ってくれたおいしい料理を肴(さかな)に 、一献(いっこん)傾けようと思っております。皆さんも一緒にいかがですか!

 

追記

実は2月22日は「にゃん・にゃん・にゃん」「猫の日」とされているようです。ですから、2022年2月22日は「特別な猫の日」ということになるようです。今夜は私が一杯飲むだけでなく、ステラに大好物の 「ツナ詰」を御馳走することにします。

 
 

 

 


好物のツナ缶をお腹いっぱい食べた後、丸くなって寝てしまったステラ
 



 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む