列車事故と猛暑


ホーム
上へ
ギリシャ債務不履行
最近の目が話せない中東情勢
列車事故と猛暑
ギリシャ・緊縮策にノー
霧島連山で火山性地震増加
異常な長雨が続く鹿児島
中国株・再び暴落
中国で大量の藻が発生
枯れ葉剤の恐ろしさ
ギリシャ問題・条件付き合意
異常高温と積雪
イランの核協議合意へ
冥王星の撮影成功
シベリアの巨大穴
世界各地の気候変動
世界を覆う嘘・偽りの世界
地上から消えていく動物たち
中国の近未来図
伊豆箱根の噴火情報
伊豆箱根噴火情報(2)
まやかし国家の代表・米国
本格化し始めた気候大変動
深刻化する難民問題
汚され続ける「聖なる富士」
中国・天津の大爆発事故
想像を絶する天津爆発事故
急を告げる噴火・地震情報
難民が渡るバルカンルートの実体
天津で神経ガス発生
世界的な株価下落始まる
衰退の兆候を見せ始めた中国と米国
再びブラックマンディー
ヨーロッパを揺るがす難民問題
拡大し続ける西之島の不思議
何か起こりそうな9月
中国崩壊の新たな起爆材
破綻に向かう中国経済
行き場を失った難民たちの惨状
米国の利上げはあり得るか
米雇用統計発表
最近の新聞記事を読んで
中国、チベットを占領して50年
異常だらけの政治・経済・気候、人心
中東、欧州さらなる不安
洪水・地震・噴火
瀕死の中東和平
FRB・利上げ見送り
読者へのメッセージ
中国の未来
暗雲漂う中東情勢
異常な世の中を生き抜くには

米国の列車事故

 
 

 
 


炎上する貨物列車と有毒物質が含まれた煙
 

 
 

 
     
 

「米国・列車転覆事故」「米国の惨状」で、米国では毎月100件近い脱線や転覆事故が発生しており、その背景には国家が衰退に向かっているという大きな流れが潜んでいるようだ、と記しておいた。 読者にはまだ記憶に残っていることだろう。

今度は、オハイオ州からジョージア州に向かう貨物列車が、テネシー州の東部で脱線・炎上する事故が発生している。 事故そのものはたいした事故ではないのだが、問題は脱線の衝撃で列車のタンクに穴が開き、積載されていた危険物質が漏れて炎上したことである。

危険物質は炎上する煙と共に上空に舞い上がり、周囲に広がっている。 そのため半径3、2キロ一帯に避難命令が出され、病院に搬送された50人ほどの住民が呼吸器系統の異常を訴える事態となっている。

貨物列車の脱線事故などでは、たいした人心被害は発生しないものであるが、国家衰退期に向かう最中のカルマの刈り取りのための事故は、こうした思いがけない被害を発生させるものなのである。 恐らくこれから先も、この種の事故はさらに多発してくることだろう。

 

ヨーロッパの猛暑

 
 

 
 


フランスでは高温で列車が運休。猛暑の中を線路を歩く乗客
 

 
 

 
 


ドイツ各地も猛暑に襲われ、人々は涼を求めて水場に集まる
 

 
 

 
 


道路にはアスファルトが溶けて亀裂が入っている
 

 
 

列車トラブルと言えば、フランスやドイツでも発生している。 ただトラブルの原因は米国と違って猛暑によるものである。ヨーロッパはこのところ各地で猛暑が続いており、先日、スペインでは熱中症患者が出ていることをお伝えしたが、北部のフランスやドイツでも35度近い猛暑に襲われているようである。

数日前、フランス各地で猛暑により列車の運行が止まってしまい、線路を歩く乗客や駅構内で暑さの中、何時間も運行再開を待って待機する人々の姿がテレビで放映されていた、昨日のドイツZDFテレビは猛暑で道路のアスファルトが溶けて路面電車にこびりつき、電車が立ち往生する異常な事故の様子を放送していた。

フランスの緯度は北海道に近い、ドイツはそれよりさらに北に位置している。 7〜8月の平均最高気温を見ると、パリで25℃、ベルリンで24度なので、札幌の25〜26度よりやや低いくらいである。 そんなフランスやドイツ各地で35度を超す猛暑に襲われたら、さぞかし大変なことだろう。

 
 

 
 


アフリカの熱波からの熱波に襲われたヨーロッパ各地は、35〜40度の猛暑に襲われている

 




 

戻る 上へ 進む