バリ島・アグン山で大噴火発生
 


ホーム
上へ
米国史上最悪の銃乱射事件発生
徳乃蔵ニュース
シリア内戦の悲惨な実体
分裂と混乱が始まったスペイン
常習化してきた米国の山火事とハリケーン
ポルトガルでは「悪魔の炎」
米国、ユネスコから脱退
米国、今度は「イラン核合意」を反故へ
ポルトガルの森林火災も史上最悪へ
カルマを積み続けるイスラエル
気候システムの大変動が始まった
解放されたISの首都ラッカの惨状
ロヒンギャの人々へ支援金390億円
スペイン、カタルーニャ州独立を宣言
とうとう米国・ニューヨークでISのテロ発生
地獄と化す世界
大ピラミッド・ミステリー@
大ピラミッド・ミステリー A
大ピラミッドミステリー B
大ピラミッドミステリー C
トルコ大統領等の名前や写真を標的に!
中東でおかしな動き
ロヒンギャ帰還に向け一歩前進
モスク襲撃で305人死亡
バリ島・アグン山で大噴火発生
存在意義を失った宗教
天寿を全うし旅立った愛猫チロ
中東情勢に新たな火の手
また、カリフォルニア州で大規模山火事
米国、エルサレムの首都を正式承認
「怒りの金曜日」となったパレスチナ
拡大し続けるカリフォルニアの山火事
米国・マンハッタンでまたテロ
続発する沖縄米軍機の異変
読者へのメッセージ
ロヒンギャ難民の悲惨な実体明らかに
混乱の度を増す世界情勢
因果は巡る、米国の惨状
国防総省によるUFO調査が露呈
カルマの刈り取りが進む米国とスペイン
2017年、頻度と規模を増した自然災害
米国の圧力に屈したウクライナ

噴煙、上空4000メートルに

 
 

 
 



アグン山の噴火

 
 

9月28日付の「火山・地震が活発化してきた環太平洋地震帯」で、メキシコのポポカテペトル山や南太平洋のバヌアツ島の火山が噴火し、インドネシア・バリ島のアグン山の大規模な噴火が間近に迫っていることをお伝えした。

あれから2ヶ月ほど経過した今月21日、とうとうアグン山が54年ぶりに噴火。 その後25日から26日にかけ数回にわたって大規模噴火を繰り返し、26日の噴火による噴煙は上空4000メートル以上に達し、山麓の村々は火山灰に覆われ、バリ島の空港の発着便は全面的に取りやめとなっているようである。

54年前のアグン山噴火はおよそ1年にわたって続き、1000人ほどが死亡しているだけに、バリ島の住民はさらなる巨大噴火につながるのではないかと恐れている。 バリ島は観光業で成り立っている島だけに、大噴火まで行かなくても、航空便の発着の出来ない日々が長引くようだと、観光に対する影響は大きくなりそうで心配である。

先日の 「In deep」 の記事では、全世界の60ヶ所以上の場所から、発生源不明の大きな衝撃音と地鳴りのような振動が断続的に報告されていることが紹介されていた。 主だった発生場所はイギリスやアメリカ、オーストラリアどであるが、米国のアラバマ州では、家全体を揺り動かすほどの信じ難い大きな振動と衝撃に見舞われたようである。

どうやら今や地球は「天」においても「地」においても、我々の体験したことのない、異常な事態が発生し始めているようである。 それはやがて誰の目にも明らか形で、その脅威の姿を現すことになるのかもしれない。

 
 

 
 


噴煙の規模をみると、噴火の規模が分かる

 

 
 

 
 


 

 
 

 
 


不安げに見守るバリ島の住民

 

 

 

 


 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 




 

戻る 上へ 進む