冷静・団結・忍耐




 

 

 



 
 


成田空港で帰国を急ぐ外国人 (ロイター)

 


被災から既に12日が経過。 災害の規模だけでなく、今回は放射能汚染の心配もある中、各国政府は、東京を離れることや帰国を勧めている。それだけ世界が震撼する中で、日本国民は暴動や略奪行為一つ起こすことなく、一致団結し、助けあり、励まし合って困苦に耐えている。

そんな姿を外人の目から眺めると、驚き以外のなにものでもないようである。だから諸外国の人々から敬意と賞賛の声があがっているのである。日本人にとって当たり前のことが、外国人の目から見ると、信じられない行動に映るのだろう。我々は、日本人であることを誇りに思ってよいのではないだろうか。

最近のニュースから、外国人の目から見た驚異の日本人感をまとめてみた。

先ずは、ニューヨークタイムズから。ニューヨークタイムズの元東京支局長ニコラス・クリストフ氏が今回の大地震の翌日、同紙に日本人への思いを綴った文を寄稿している。次は、3月18日の【大紀元日本】に掲載された抄訳の一部である。
 

日本への同情、そして敬意

痛ましい地震の後、今日、我々の思いは日本の人々と共にしている。日本史上最悪の地震。しかし、1995年の阪神大震災を経験したものとして、私はこう付け足したい。「今後数日、数週間、日本を見ていよう。私たちはきっと何かを学ぶだろう」と。

日本政府の地震対応が特に良いという意味ではない。その政府は1995年の震災救助では間違った判断をしており、他国から送られてきた薬や救助犬を取り上げていた。その政府の無能により、人々はまだ瓦礫の下で生きていた最初の数日間で、いくつかの命が奪われてしまったのだ。

しかし日本の人々の忍耐力、冷静さと秩序は、実に気高いものだった。日本には「我慢」というよく使われる言葉がある。英語にはぴったりの訳はないが、 「toughing it out(耐え抜く)」と似た意味。神戸の人々がまさにそれを実行したのだ。彼らが勇気と協調性と共通目的を持って「我慢」したことに、私は畏敬の念さえ抱いた。

日本にいた間、私はしばしば日本人の秩序と礼儀正しさに感動していたが、神戸の震災後ほどその思いが強くなったことはない。神戸空港がほぼ全壊し、街中の商店のガラスが割れていた。私は略奪や救援物資をめぐる争奪をスクープしようと街中を探し回った。ようやく、2人組の男に強盗に入られたという店主に巡り会えた。私は少し大げさにこう尋ねた。「同じ日本人が、自然災害を利用して犯罪に走ることに、驚きはありますか?」店主は驚いた顔で「誰が日本人だと言った?彼らは外国人だったよ」と答えた。
                            (中略)

日本の回復力と不屈の精神に、気高さや勇気を感じる。世界もまもなくそれを目の当たりにするだろう。これはまた、綿密に編み込まれた日本の社会組織、彼らの強さと回復力が、輝きを放つときでもある。日本の人々は必ず力を合わせてくれると私は信じている。その姿は、分裂と口論と私利私欲にかられたアメリカの現状とは対照的と言えよう。私たちは日本から学ぼう。私たちは日本を思い、そして、この痛ましい地震を経験した日本に深い同情と、深い敬意を表したい。


 

 

 
 


真っ暗闇の停電の中でも略奪も騒動も何一つ起きない日本。
外国人の目から見ると不思議で仕方ないようだ。

 

 

3月15日の大紀元日本のニュースは、今回の地震で救援の手が十分届かない被災地も少なくない中、住民同士が助け合い、限られた食料や水を分け合いながら、厳しい状況の中で耐え続けている姿が日本に長期滞在する中国人の目にどう映ったかを伝えている。その一部を転載させて頂いた。


「非常時にも冷静、秩序を守る国民」 日本在住中国人が見た「日本人」

四川省から来た李さん(女性)は、日本での生活が十年近くになる。11日の地震発生時には東京都内の職場にいた。地震発生時、同僚とともに外へ出て見ると、建物が揺れていて、路上の人々も非常に慌て驚いた様子だったという。

それでも李さんは、東京の街は混乱することもなく、バス停などではきちんと並んでバスを待つ人々を目にして、「これほど大きな地震が起きたのに、日本人が見せた団結力と冷静さは印象的でした」と語る。

また、災害後における日本人の落ち着きは、日頃から災害に対する備えや心構えができていることの外に、「日本人の民族性に理由があるのではないか」と李さんはいう。

同じく東京都内で働いている張さん(女性)は地震発生時、自宅にいた。強烈な揺れに驚いて思わず外へ出てしまったが、人々は落ち着いた様子で揺れが収まるのを待った後、冷静にそれぞれの家へ帰っていった。地震の中で叫んだり、常軌を逸した人などは全くいなかった上、その後の行動も普段と全く変わらないことに驚いたという。

張さんは、「これは日本人が受けてきた教育と関係があると思います。このような状況の下で、どう行動するべきかという心の準備ができているのです。日頃から社会のルールを守る国民であるからこそ、きちんと列に並べるのでしょう」


「怒鳴り合いもけんかもない」「本当に強い国だけがこうした対応ができる」。ベトナムのメディアは、次のように東日本関東大震災での日本人の冷静な対応ぶりに、在日ベトナム人らが驚き称賛する声を伝えている。
 

 

 
 


我勝手な行動をせず、整然と列を作って待つ日本人。外国人には信じられないようだ。

 

 

怒号もけんかもない「強い国」

「防災訓練を受けていても怖いはずなのに、誰もパニックに陥る人はいない。自分の仕事に集中し、連絡を取り合っていた」。日本で働くある女性はインターネット新聞に「われわれが学ぶべき多くのことが分かった」と語った。

 ある留学生は、長い列をつくってバスや公衆電話を我慢強く待つ光景などを挙げ「皆が冷静に秩序だって行動していた」と称賛。別の留学生は、教師が子どもたちを誘導する姿など、行政当局者から民間人までの素早い対応ぶりに驚いたという。

日本語を選び、日本語を教えているベトナム人教員、日本語を学んでいる学生たちは、上のような報道に、鼻を高くしています。私も、このような仲間や学生をもったことを誇りに思っています。