南欧と中東の異常気象
ホーム レポート2018年―1 レポート2018年−2 レポート2018年−3 レポート2018年−4

 


ホーム
上へ
次々とやってくる台風と地震
自然災害が拡大するインドネシア
大荒れの天気に見舞われた北米大陸
罪深き中国の「一帯一路」戦略
モンスターハリケーン、米国・フロリダに上陸
徳乃蔵ニュース
ハリケーン「マイケル」の惨状
3000万回を超えた閲覧回数
米中の関税合戦がもたらす結果
南欧と中東の異常気象
窮地に立つサウジアラビア
露呈し始めた人間のおぞましい姿
世界を混乱に導くトランプ政権
消えゆく木々が「時の到来」を教えている
イタリアで高潮、大雨、強風被害発生
またも露呈した一帯一路の中国戦術
天が下す采配
新たな核脅威 インド核完全保有国へ
米国、選挙後に待ち受けているもの
米国と中国の背負った恐ろしきカルマ
拡大し続けるカリフォルニア州の山火事
世界が抱えた莫大な借金 @
世界が抱えた膨大な借金 A
世界が抱えた膨大な借金 B
さらに拡大するカリフォルニアの森林火災
4500キロの旅の先に待ち受ける難問

スペインとフランス南部で豪雨・氾濫

 
 

 
 


スペインの地中海に浮かぶマヨルカ島の被害の様子

 

 
 

 
 


フランス南部の洪水被害

 
 

世界各地で「ウォータークロック」の到来が目に見える形で発生しているが、南ヨーロッパ各地で豪雨に見舞われており、スペインやフランス南部で甚大な被害が発生している。 地中海に浮かぶスペインの有名な観光地マヨルカ島では先週、豪雨による洪水で10人を超す死者と行方不明者が出ている。

また、15日にはフランス南部地方で120年ぶりの記録的な豪雨により各地で河が氾濫、12人の死者と行方不明の子供が出ている。 被災地は年間を通じて雨が少ない所として知られている場所であるのに、なんと、6時間で300ミリを超す5ケ月分の雨量を記録したというから驚きである。

スペインのマヨルカ島とフランスの南部地方を襲った豪雨の要因について、フランスF2テレビは、地中海の水温が異常に高くなっていることによるものであると伝えている。 米国のハリケーンや我が国の台風の発生も海水温の上昇が要因となっている点では一緒である。

どうやら、最近の風水害はもはや人間の手で防ぐレベルを超えてしまったようである。 下に記す中東の砂漠地帯における洪水の被害を見れば、異常気象がこれまでの常識が通用しないレベルにまで進んで来ていることを認めざるを得なくなってくる。

 
 

 

 


以下3点はフランス南部の被害状況

 

 
 

 
 

 

 
 

 
 

 

 
 

シリアでは砂嵐・ハブーブが発生

 
 

 
 


巨大な砂嵐

 
 

内戦が続くシリアでは、自然の脅威にも見舞われているようである。

シリア北東部のテルハミス地方では強烈な砂嵐・ハブーブが発生し、被害が出ているようである。 砂嵐など見たこともない我々からすると、高さが数十メートルに達する巨大な姿を見ただけで足がすくむが、砂嵐の早さはなんと時速60キロに達しているというから、砂漠上で巻き込まれたら窒息死してしまいそうである。

下の写真には、砂嵐に巻き込まれないように必死に逃げる車の姿が写っている。

 
 

 
 


車で必死に逃げる人々

 
 

アラビア半島では熱帯低気圧が上陸

 
 

 
 


砂漠の国・イエメンでは洪水と強風に見舞われた

 
 

内戦で苦しんでいるという点ではアラビア半島南部のイエメンもシリアと同様であるが、ここではサイクロンから変わった熱帯低気圧が上陸。 風と雨による被害が発生している。熱帯低気圧の上陸は2015年と今回の上陸が唯一で、それ以前には一切なかったことであった。

一方、イエメンの東隣りのオマーンではなんと3年分の雨が一気に降り、町が洪水に覆われている。 イエメンもオマーンも砂漠地帯である。そんな国々が洪水に襲われているのだから、地球の気象がいかに異常と化しているかが分かろうというものである。

 
 

 
 


 

 
 
 

 

 
 

 

 




 

戻る 上へ 進む