イタリアで高潮、大雨、強風被害発生
ホーム レポート2018年―1 レポート2018年−2 レポート2018年−3 レポート2018年−4

 


ホーム
次々とやってくる台風と地震
自然災害が拡大するインドネシア
大荒れの天気に見舞われた北米大陸
罪深き中国の「一帯一路」戦略
モンスターハリケーン、米国・フロリダに上陸
徳乃蔵ニュース
ハリケーン「マイケル」の惨状
3000万回を超えた閲覧回数
米中の関税合戦がもたらす結果
南欧と中東の異常気象
窮地に立つサウジアラビア
露呈し始めた人間のおぞましい姿
世界を混乱に導くトランプ政権
消えゆく木々が「時の到来」を教えている
イタリアで高潮、大雨、強風被害発生
またも露呈した一帯一路の中国戦術
天が下す采配
新たな核脅威 インド核完全保有国へ
米国、選挙後に待ち受けているもの
米国と中国の背負った恐ろしきカルマ
拡大し続けるカリフォルニア州の山火事
世界が抱えた莫大な借金 @
世界が抱えた膨大な借金 A
世界が抱えた膨大な借金 B
さらに拡大するカリフォルニアの森林火災
4500キロの旅の先に待ち受ける難問

高潮に飲まれた「水の都」ベネチア

 
 

 
 


高潮に襲われたジュノバの港は悲惨な状況と化している。

 
 

財政危機で厳しい状況下にあるイタリア。 今年3月に行われた総選挙で、EU(欧州連合)に批判的なサルビーニ書記長が率いる「同盟」が政権を担うことになった。 その結果、EUが求める「緊縮政策」から「ばらまき政策」に変更。 しかし、政府が決定した予算案をEU議会が認めないために、修正を加えるかどうかで揺れている。 一歩間違えば第二のギリシャとなるだけに要注意である。

そんな状況下にあるイタリアが自然災害に見舞われ厳しい状況に追い込まれている。 首都ローマを中心に、高潮、大雨、強風に見舞われ、被害が相次いでおり、死者も11名に達している。 驚いたのは「水の都」として有名なベネチアの被害状況である。2メートルに達する高潮で、街の75%が浸水する事態となり、「水の都」が「水没した都」と化してしまっている。

しかし、さすがに「水の都」だけあって、訪れた観光客は浸水した街の中を膝までつかりながら歩き、水につかった飲食店で食事をしている。 一般観光地では考えられない光景である。

 
 

 
 


何十隻もの船がぶつかり合って破損し、岸辺に乗り上げている。

 

 
 

 
 


サンマルコ大聖堂のある広場は完全に水没している。

 

 
 

 
 


ベネチアでは、観光客が外出をあきらめずに、膝まで使って商店街を歩いている。

 

 
 

 



なんとか有名なサンマルコ大聖堂にたどり着こうと試みる観光客

 

 

 
 


水浸しの中、一部の飲食店は営業しており、足首まで水につかりながら給仕する従業員。 お客様も水につかって食事している。
さすが「水の都」で、従業員も観光客も水慣れしているようである。
 

 
 

 
 


首都ローマでは風速50mの突風で多数の大木がなぎ
倒され、建物や車に多くの被害が発生。(写真はフランスF2)

 

 
 

 
 

 

 




 

戻る 上へ 進む