世界が注目した米中首脳会談
 

 


ホーム
上へ
次々とやってくる台風と地震
自然災害が拡大するインドネシア
大荒れの天気に見舞われた北米大陸
罪深き中国の「一帯一路」戦略
モンスターハリケーン、米国・フロリダに上陸
徳乃蔵ニュース
ハリケーン「マイケル」の惨状
3000万回を超えた閲覧回数
米中の関税合戦がもたらす結果
南欧と中東の異常気象
窮地に立つサウジアラビア
露呈し始めた人間のおぞましい姿
世界を混乱に導くトランプ政権
消えゆく木々が「時の到来」を教えている
イタリアで高潮、大雨、強風被害発生
またも露呈した一帯一路の中国戦術
天が下す采配
新たな核脅威 インド核完全保有国へ
米国、選挙後に待ち受けているもの
米国と中国の背負った恐ろしきカルマ
拡大し続けるカリフォルニア州の山火事
世界が抱えた莫大な借金 @
世界が抱えた膨大な借金 A
世界が抱えた膨大な借金 B
さらに拡大するカリフォルニアの森林火災
4500キロの旅の先に待ち受ける難問
近づく「ソーラーフラッシュ」
中国で巨大な砂嵐発生
カリフォルニアの山火事ようやく鎮火
災害続きの米国でまたもや
世界が注目した米中首脳会談
世界各国で通信障害発生
世界の主要国で広がる混乱の渦
深刻な野生生物の減少

関税引き上げを一時見送る
         難問先送りの曖昧な合意で決着

 
 

 
 


問題を先送りとなった米中首脳会談。 問題は90日後である。

 
 

11月30日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行われたG20首脳会合、世界が注目したのはこの会合より、その後に予定されていた米国とロシア、米国と中国との首脳会談であった。 その一つの米ロ首脳会議は先般、クリミア半島沿岸でウクライナ海軍の艦船がロシア側に拿捕されたことで中止となり、もう一つの米中の首脳会談における貿易摩擦問題の行方に注目が集まっていた。

今年の夏から始まった米中間の貿易摩擦問題については、すでに何回にもわたってお伝えしてきているので、10月から始まった中国から米国への輸出品2000億ドル(23兆円)分に対する追加関税10%が、来年1月から25%にアップされるかもしれないことは、ご承知のことと思う。

今回の米中首脳会談はこの点に関する協議が主要の議題となった。 会談の結果、中国がこれから先、米国から農産物や工業製品を相当量買い入れることを条件に、25%への追加関税は90日間先送りされることとなった。

問題は追加関税が中止されたのではなく、あくまで日数限定の先送りであった点である。 これから先90日間に、米国が問題だとしている中国による知的財産権の侵犯や技術移転、サイバー攻撃に対して、中国政府の歩み寄りが為されない限り、25%の関税は予定通り実施されることになるというわけである。

実は、知的財産権などの3つの事項は、米国にとって中国のテクノロジー大国化への重要な懸念点であり、米国が強い警戒感を持って来ていることだけに、今回のような妥協案で簡単に合意できる事ではないことは事実である。 

むしろ、今回の会談合意は米中間の隔たりの大きさを、改めて浮き彫りにしたと受け止めたほうがよさそうである。 したがって、今回の合意でとりあえず厳しい状況に向かっていた世界経済は一息つくことになったが、90日後の3月には再び世界はその成り行きに一喜一憂することになりそうである。

 
 

 
 


会談終了直後に行われた王 毅(おうき)外相の異例な記者会見

 
 

私が今回の首脳会談で改めて思い知らされたことは、7月から実施されている米国の対中制裁関税による悪影響が、予想以上に米中両国で大きくなっているという点であった。 まず中国においては、米国への輸出の激減によって中小企業の業績が急激に悪化して来ており、一歩間違えば、習近平政権に対する不満が爆発する可能性があったことである。

中国が会談相手国より先に記者会見を行うことなどあまり前例のないことであるが、会談直後に米国に先立って王 毅(おうき)外相が行った異例な記者会見は、中国国民の間に広がっている不安や不満がいかに大きくなっているかを物語っていた。 どうやら中国政府はその実体を厳しく受け止めて いるようである。 

 さらに驚かされたのは発表された会談の内容であった。 外相は追加関税がなくなったことのみを伝え、知的財産権などの重要な案件の交渉が残されたことについては、全く触れていなかったのだ。 

今回の記者会見は、国民に対する安心感を一刻も早く伝えるために行われた異例の措置であったため、国民に不安を持たせる内容は控えたものと思われる。 どうやら、習近平政権は伝えられるほど盤石ではなさそうである。

また一方、これまで大きく取り上げられていなかったが、実はトランプ政権にとっても問題点が発生していたのである。 それは大豆などを生産している米国の農家が関税発動で輸出量が激減し、トランプ大統領に対する不満が発生して来ていた事であった。

いずれにしろ、これから先しばらくは、今回の米中首脳会談の結果を好感し、米国をはじめ世界の株式市場は高値に向かうことになりそうである。 しかし、今回の会談結果が難問先送りの曖昧(あいまい)な合意であったことは間違い なく、これから先に待ち受けているのが巨大なカルマを背負った米国と中国の交渉ごとであるだけに、春先以降の状況の変化は、しっかり見守っていく必要がありそうである。

 
 

 
 


トランプ大統領の対中国制裁は自国の農民を苦しめることにもなっているようだ。

 




 

戻る 上へ 進む