戻る 進む

 


ホーム
上へ
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領
アマゾンで燃え広がる森林火災
拡大するスペインの自然災害
激しさを増し始めた世界情勢
悪化の一途をたどる米国
ボルソナル大統領、G7の支援を受け入れ
前代未聞の大型ハリケーン、バハマ島を襲う
ハリケーン「ドリアン」、北米大陸沿岸を北上
軍事力を強める一方の北朝鮮
海水温上昇がもたらす異変 @
海水温上昇がもたらす異変 A
成果なく終わった気候変動サミット
米国北部で季節外れの大雪
軍拡に向かう中国
ジャーナリスト・カショギ氏殺害から1年
日に日に混乱の度合いを増す世界情勢
米中貿易摩擦さらに拡大
中東で新たな人道的危機
時の到来を告げる台風19号
トルコのシリアへの侵攻がもたらす悲劇
縮小するアマゾンの実態
混乱の度合いを増す世界情勢
カレンダー発売のご案内
中東で急速に存在感を増すロシア
再生に向けて加速し始めた地球
米軍、シリアでバグダディーを殺害
拡大し続ける米国の山火事
ロシア全土で異常気象
神社の絵馬をめぐる奇妙なトラブル
オーストラリアの干ばつと森林火災
カルマの刈り取りに揺れるスペイン
異常気象により米国では農家の破産が急増
世界最悪レベルのインドの大気汚染
オーストラリアの森林火災と米国の寒波・降雪
姿を消し始めた国蝶・オオムラサキ

中東で新たな人道的危機

  トルコ軍シリア北部で
      クルド人勢力に対する軍事作戦開始

 
 

 
 


トルコ軍による空爆や爆撃が始まったシリア北部

 

 
 

 
 


シリア北部には多くのクルド人が住んでおり、
今回の攻撃で南に向かって避難が始まっている。

 
 

トランプ大統領がシリアから米軍の残留部隊を撤退させたのは先週末。それと時を同じくして始まったのがトルコ軍によるシリア北部への軍事攻撃である。 エルドアン大統領率いるトルコ政府はシリア北部に暮らすクルド人がトルコの反政府勢力と手を組んでいるとして、トルコと国境沿いのシリア北部一帯でのクルド人勢力掃討作戦を開始するところとなったのだ。

急遽、シリア北部の街から6万数千人の市民が避難する中、9日から始まった空爆と陸軍部隊による侵攻で、既に民間人30が死亡。一方、抵抗するクルド人部隊からの反撃でトルコ内でも6人の死者が発生しており、中東にはまた新たな人道的危機が発生する事態となっている。

フランスやイギリスなど欧州各国からは、トルコ政府への非難と早急に戦闘の中止を求める声が上がっているが、エルドアン大統領はトルコの作戦を侵略と呼ぶなら、我々はヨーロッパとの国境を開いて360万人のシリア難民を送り込むぞと脅している。

2015年に100万人のシリア難民がトルコからEU諸国にわたり、各国でポピュリズムや極右勢力が台頭して混乱を招いただけに、EU各国からは強い非難をトルコに向けられない裏事情があるのだ。そのため、トルコのクルド人部隊への攻撃はこれから先も続けられる可能性が高いだけに、民間人の死傷者はさらに増えることになりそうである。

こうした人道的危機と同時に心配されているのは、クルド人勢力によって捕虜になっている1万4000人のIS(イスラム国)戦闘員の逃避とIS部隊の復活である。収容所にいる捕虜のうち2000人ほどはシリアやイラク以外の国の戦闘員で、そのうちの多くがフランスなどヨーロッパ諸国から来た若者であるため、それらの国々では彼らの帰国を恐れる事態ともなっているのである。

ブッシュ親子によって始まった中東危機。その後の湾岸戦争やイラク・アフガン戦争、そしてIS(イスラム国)の出現を契機に泥沼化したシリア内戦等によって 、中東諸国では数百万人の死傷者や難民が発生している。これらは今、米国 に巨大なカルマとなって襲いかかろうとしていることは、既にお伝えして来ている通りである。

そんな中、 20数年を経て、ようやく落ち着きを取り戻そうとしていた中東では、今回のトルコによるクルド人への攻撃によって、また新たな一般市民を巻き込んだ悲惨な人道的危機が始まろうとしているのだ。人類にとって、終末的な状況がまた一歩近づいて来ているように感じられてならない昨今である。

 

 

 

 
 


南部に向かって必死に非難する人々

 

 
 

 
 


身の周りの荷物を持って幼児と老母を連れ、手に赤子を抱えた母親の姿は痛ましい。

 

 
 

 
 


タンカに病人を乗せ避難しようとしている。なんとも痛ましい姿である。

 

 

追記

10月13日(日)に予定しておりました「おこんじょうるり」は、
台風接近のため、中止となりましたのでお知らせいたします。

 




 

戻る 上へ 進む