戻る 進む

 


ホーム
上へ
笑顔の裏にあるのは猜疑心
今度はロシアとメキシコで異常気象
今度はインドで大洪水発生
ブラジル新大統領登場でアマゾンに危機迫る
噴火・地震・竜巻
米国・カリフォルニア州で再び地震
スペインで記録的な集中豪雨
ニューヨークで異例の大規模停電発生
大統領の差別的発言に非難が噴出
トランプ大統領への非難決議、議会で可決
愚かなりし人間
北朝鮮・新型ミサイル実験
米国の持つカルマの恐ろしさ
北極海周辺で前代未聞の巨大森林火災
頻度と規模が増す一方の米国の銃乱射事件
加速化する人間の奴隷化
ここまで来たかNHK
米国が背負った二つのカルマ @
米国が背負った二つのカルマ A
反日感情を強めるムン・ジェイン大統領
アマゾンで燃え広がる森林火災
拡大するスペインの自然災害
激しさを増し始めた世界情勢
悪化の一途をたどる米国
ボルソナル大統領、G7の支援を受け入れ
前代未聞の大型ハリケーン、バハマ島を襲う
ハリケーン「ドリアン」、北米大陸沿岸を北上
軍事力を強める一方の北朝鮮
海水温上昇がもたらす異変 @
海水温上昇がもたらす異変 A
成果なく終わった気候変動サミット
米国北部で季節外れの大雪
軍拡に向かう中国
ジャーナリスト・カショギ氏殺害から1年
日に日に混乱の度合いを増す世界情勢
米中貿易摩擦さらに拡大
中東で新たな人道的危機
時の到来を告げる台風19号
トルコのシリアへの侵攻がもたらす悲劇
縮小するアマゾンの実態
混乱の度合いを増す世界情勢
カレンダー発売のご案内
中東で急速に存在感を増すロシア
再生に向けて加速し始めた地球
米軍、シリアでバグダディーを殺害
拡大し続ける米国の山火事
ロシア全土で異常気象
神社の絵馬をめぐる奇妙なトラブル
オーストラリアの干ばつと森林火災
カルマの刈り取りに揺れるスペイン
異常気象により米国では農家の破産が急増
世界最悪レベルのインドの大気汚染
オーストラリアの森林火災と米国の寒波・降雪
姿を消し始めた国蝶・オオムラサキ

混乱の度合いを増す世界情勢

     イギリスのEUからの離脱問題、ますます不透明に

 
 

 
 


19日に何十年ぶりに行われた「土曜日の議会」。 
 しかし、修正案の審議さえ行われず採決は先延ばしとなってしまった。

 
 


今日も又、世情が日に日に混乱に向かう厳しい情報を掲載するとこととなった。混乱が続く世界情勢、中でも先行きの目途が全く立たない状況が今もなお続いているのが、イギリスのEU離脱と香港の政府への抗議デモである。

イギリスのEU(欧州連合)からの離脱については先般、修正された離脱案がジョンソン首相とEUとの交渉で承認された。そして、19日には、この承認案を承認するためイギリスでは極めて珍しいことであるが、土曜日に議会が開催されることとなった。しかし、法案の審議は先送りとなり、今週改めて採決されることになってしまった。いかに内部分裂が激しくなっているかが分かる事態である。

離脱の期限である今月末まで残された日数はわずか10日、ジョンソン首相の率いる与党が過半数に達していないことから審議の行方は全く不透明で「合意なき離脱」となる可能性も多分にありそうである。

こうした事態に市民はいら立ち、議会の外ではEUへの残留を求める大規模デモも発生しており、イギリスの国家の先行きそのものが、一段と不透明感を増す事態となって来ている。いら立っているのはイギリス国民だけでなく、EU議会も2度にわたる延期にへきへきしており、イギリスに対する信頼感が日に日に薄れて来ている。 

いずれにしろ、イギリスの国論が二分されているために、この先、どのような結果が出ようとも、政治的、経済的にイギリスの混乱が続くことは、避けられそうになさそうである。残念なことであるが、これが長年にわたって世界の覇権国家として君臨してきた大英帝国の末路なのである。

 
 

 
 


離脱の条件が審議されようとしている議会の外ではEUへの残留を求める
離脱そのものに反対する大規模デモが行われていた。  (イギリス BBC)

 

 

 

香港、政府への大規模デモ収まる気配なし

 
 

 
 


昨日のデモには、禁止の覆面を着用した若者たちが参加していた (香港TV)

 
 

一方、香港の混乱も一向に収まる気配がなく、政府に対する抗議デモは5カ月経った今も連日のように続いており、その規模は激しさを増すばかりである。そのため、政府は法案の審議など全く行うことが出来ない状況にあり、有名な商店街もデモの起きるたびに戦場と化している。

デモ抗議の内容は、当初は香港における犯罪者を中国に引き渡すとする「逃亡犯条例改正案」に反対するものであったが、その点については林鄭(りんてい)長官による撤回表明でデモは鎮静化するかに思えた。しかしその後に、デモ参加者が顔を隠す行為を禁止する新たな法案を打ち出したことで、反政府運動はさらにエスカレートするところとなってしまったのだ。

穏健な抗議デモも一部では行われているようであるが、若者たちが行うデモは武力を伴うものであるため、警察との武力衝突による混乱の度合いは増す一方で、今や香港には憎しみのエネルギーが渦巻いているようである。若者たちが狙う主な先は地下鉄の駅、警察の建物、中国の出先機関となっており、放火と破壊行為が繰り返し行われている。

これに対して警察官からは催涙弾やゴム弾が発射されているため、一歩間違うと新たな死傷者が発生する可能性が大きく先行きが心配である。それと同時に、海外から進出している企業の香港からの撤退も一部始まっているようなので、デモの経済界に及ぼす影響も心配である。

また一方で、米中の対立が続く中、デモ行為はそれを支援する米国と中国政府との対立の火種となることも懸念されている。トランプ大統領にとって、香港のこれ以上の混乱は対中国への制裁の材料となるからである。

 
 

 
 


火を放つデモ隊
 

 
 

 
 


デモ隊にゴム弾を発射する警察官

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む