新緑と草花 @


ホーム
上へ
厳寒の八ヶ岳
厳寒の八ヶ岳 A
徳乃蔵ニュース @
心を癒す初春の花
春の花 @
デコパージュ展
春の花 A
霊峰富士と満開の桜
散策するチロ
徳乃蔵ニュース A
徳乃蔵ニュース B
新緑と草花 @
新緑と草花 A
新緑と草花 B
新緑と草花 C
新緑と草花 D
八ヶ岳薬用植物園 @
八ヶ岳薬用植物園 A
徳乃蔵ニュース C
古代ハス
「白駒の森」の苔 @
「白駒の森」の苔 A
徳乃蔵ニュース D
「白駒の森」の苔 B
「白駒の森」の苔 C
徳乃蔵ニュース E
徳乃蔵ニュース F
秋本番 @
秋本番 A
八ヶ岳の紅葉 B
初雪を撮る

早くも初夏の陽気

 
 

 
 


5月初旬だというのに南アルプスは新緑に輝き、まるで初夏の景観だ

 
 

ゴールデンウイークも今日まで。 読者の 中には10日間の連休を取られた方もおられたのではないだろうか。 休日なしの私から見ると、なんともうらやましい限りである。 昼は徳乃蔵の接客 とその合間を縫って写真撮影、夜は夜でHPの原稿書き。 いつもの通りののんびりする間のない10日間であった。

日々の気温の変化は植物が一番知っている。 桜もいつもより1週間以上早かったが、野に咲く草花も敏感で、5月の半ば頃にしか開花しない花が月初めから咲き始めた。 木々の新緑も一気に進んで、上段の写真の通り 田植えを前にして南アルプスの山々は早くも夏景色。

モミジの葉が青葉から赤く変色し始めたのも早く、1週間ほど前のこと。 日に日に赤さを増して一気に紅葉。 同じ赤でも陽の当たり具合で様々な色合い を見せ、明るい赤に輝いたり、風情のある朱色に見えたり。 秋の紅葉と違って回りの草木がみな新緑に覆われているだけに、ひときわ艶(あで)やか である。 

それにしても、この数日間の強い風には驚かされた。 花を撮ろうとする時一番気になるのは陽の当たり具合であるが、今回は 強い風に振り回され、一枚の写真撮影に殊の外時間がかかってしまった。 背景をぼかすためにレンズの絞りを解放に近づける。 

そのためシャッター スピードが遅くなり、花が風で揺れるとピントが合わなくなってしまう。 それを避けるには風が弱まるのを待つしかないのだが、その時間のなんとも長く感じられたことか。 気候変動は確実に身近に迫ってきているようである。

今回は母屋と徳乃蔵の庭に咲く花と、モミジとカエデの葉の対照的な色模様を見て頂くことにした。 ありふれた花や木であるが、時間をかけて撮った一枚一枚である。 ご覧頂いて心を癒して頂けたら幸いである。

 



 

モミジ @


A
 

B

 



 

カエデ @


A
 

モクレン

 



 

シロカビタン
(藤の花の一種)


ナルコユリ
 

スズラン


 



 

ヤマブキ


一重のヤマブキ
 

八重ヤマブキ



 



 

シャクナゲ

5つの花が一塊になって
咲くのが特徴

 


フユシラズ(キク科)

11〜5月に冬をまたいで
咲くことから、「フユシラズ」
の名前がつけられた。
 

フユシラズ

A



 



 

ツツジ @


A
 

初咲きの可憐なツツジ

 




 

戻る 上へ 進む