新緑と草花 A


ホーム
上へ
厳寒の八ヶ岳
厳寒の八ヶ岳 A
徳乃蔵ニュース @
心を癒す初春の花
春の花 @
デコパージュ展
春の花 A
霊峰富士と満開の桜
散策するチロ
徳乃蔵ニュース A
徳乃蔵ニュース B
新緑と草花 @
新緑と草花 A
新緑と草花 B
新緑と草花 C
新緑と草花 D
八ヶ岳薬用植物園 @
八ヶ岳薬用植物園 A
徳乃蔵ニュース C
古代ハス
「白駒の森」の苔 @
「白駒の森」の苔 A
徳乃蔵ニュース D
「白駒の森」の苔 B
「白駒の森」の苔 C
徳乃蔵ニュース E
徳乃蔵ニュース F
秋本番 @
秋本番 A
八ヶ岳の紅葉 B
初雪を撮る

心を癒す花の精霊たち

 
 

 
 


一段と緑に輝く南アルプス

 
 

暦の上では5月半ばなれど気候はすでに初夏。 今年の新緑はなんとも艶やかで、目に映る景色は例年とは違う感じだ。 上段の甲斐駒ヶ岳を見てもらえればお分かりのように、山肌の緑が一段と色濃く感じる。

草花も例年よりかなり早く咲き出した感じで、早朝散策をしていると、初夏に咲く花が目に飛び込んでくる。  花は気温に敏感だ。 ただ、いつもなら10日前後に鳴くカッコウの声がまだ聞こえない。 野鳥と草花とは気温の捉え方が違うのだろうか。 

昔から花の命は短いというが、写真を撮っているとその短さを改めて実感する。 当然のことだが、写真撮影は花の盛りを狙う。 毎日が撮影日和ならよいが、最近は雨の日が多く天気の回復を待って出掛けてみると、もう盛りを過ぎて散りかかっている。

花にも長く咲き続ける花と、盛りが短いものがある。 一般的に小さな花は長寿だが、大きな花は盛りが短いものが多い。 中でもボタンやアヤメ類などの盛りは極めて短く2〜3日がいいとこ。 近場だと続けて通えばチャンスに巡り会えるが、場所が遠い とタイミングを合わせるのが大変だ。

多少の苦労はあっても、いつものことながら花を撮影している最中は心がなごむ。  まさに可憐な花たちが、聖なるエネルギーを発して心を癒してくれる至福の一時である。 大変なのは家に帰って花の名前を探す時だ。  もともと花の名前など「タンポポ」と「菜の花」ぐらいしか知らなかった私だから、読者が想像する以上に苦労する( (^_^) )。 

せめてキク科とかバラ科とかだけでも、分かっていると探しやすいのだが、それが分からないと厚い図鑑を一ページ一ページ探していくしかない。 ブログで探す場合も同様だ。 近頃は野草と園芸種が混在しているからなおさら大変だ。 最近は娘が手伝ってくれるので助かるが、それでも結構時間が取られる。 今回も 2日がかりで探したが分からないものもあった。

前回と同様、少しでも読者の心の安らぎに役立って頂けたらと思い、散策の途中で目にした花たちを掲載したのでご覧頂きたい。  間違った名前をつけてしまった花もあるかもしれないが、その節はご容赦頂きたい。 

 

追記

最後まで分からなかった9枚目の写真の花の名前(オノエマンテマ)が分かったので追記しておきます。  最後の写真「クガイソウ」を「ルピナス」に訂正しておきました。

 



 

ツリガネスイセン


ケマンソウ
 

オーニソガラム


 



 

ダイコンソウ


ヤグルマギク
 

アネモネネモローサ


 



 

ミヤコワスレ


セキチク
 

オノエマンテマ
(カーペットカスミソウ)


 



 

ボタン @


A
 

ルピナス

 

 




 

戻る 上へ 進む