新緑と草花 B


ホーム
上へ
厳寒の八ヶ岳
厳寒の八ヶ岳 A
徳乃蔵ニュース @
心を癒す初春の花
春の花 @
デコパージュ展
春の花 A
霊峰富士と満開の桜
散策するチロ
徳乃蔵ニュース A
徳乃蔵ニュース B
新緑と草花 @
新緑と草花 A
新緑と草花 B
新緑と草花 C
新緑と草花 D
八ヶ岳薬用植物園 @
八ヶ岳薬用植物園 A
徳乃蔵ニュース C
古代ハス
「白駒の森」の苔 @
「白駒の森」の苔 A
徳乃蔵ニュース D
「白駒の森」の苔 B
「白駒の森」の苔 C
徳乃蔵ニュース E
徳乃蔵ニュース F
秋本番 @
秋本番 A
八ヶ岳の紅葉 B
初雪を撮る

花が教えてくれるもの

 
 

 
 


4月末に比べて一段と新緑が増して、心の癒やしには最適の場となって来た

 
 

徳乃蔵に来館された方はご存じだと思うが、前庭にはイチョウやヤマボウシと一緒に、モミジとカエデの大木がある。 カエデの樹齢はかなり古く、植木屋さんによると300年ぐらいは経っているよう である。 座敷蔵の建造が江戸中期頃なので、ほぼ同じ年代となる。

皆さんカエデの木は見たことがあると思うが、葉の先に咲く花の姿はご覧になったことがないかもしれない。 カエデは今頃の時期になると小さな花を咲かす。  それは紅色の可愛らしい花である。 掲載したのでご覧になって頂きたい。

また我が家の庭先にツツジ系の「サラサドウダン」という木が植えられている。 一般的なツツジより背が高く高さは2メートル半ほど。 ツツジ系であるが一般のツツジのような赤や白の花を咲かせることはない。  1センチ半にも満たないほどの小さなフウリンに似た可愛らしい花を、枝の先に10個ほどづつつけている。 それゆえ別名が「フウリンツツジ」とも呼ばれている。 この花も恐らく皆さんご覧になられたことがないのではなかろうか。

今の時期、近所を散策しているとアヤメやジャーマンアイリスが目につく。 いずれが「アヤメ」か「カキツバタ」と言われるように、アヤメとカキツバタ、それにハナショウブ(花菖蒲)はなかなか区別がつけにくい。 最近は 「ジャーマンアイリス」などが加わってアヤメ科の花はさらに種類が多くなり、ますます見分けがつけにくくなっている。

そこで、今回アヤメとカキツバタ、ハナショウブの見分け方が分かるように、花弁の特徴を記した図を添付したので、下図を見て頂きたい。 この図柄を参考にして見て頂ければ、 すぐに見分けがつくはずだ。


 

詩集「天使の願い」


読者は「天使の願い」という本を読まれたことがあるだろうか。 この本には、ある少女が小学生から中学生の頃に書いた天真爛漫な詩が60編ほど掲載されている。 少女ならではの理屈抜きで分かりやすい表現の中に、思わず頷いたり、ドキッとさせられたり、 自分の心を恥じ入るような内容が記されている。

今回はその中から、花に関する3編を転載させて頂くことにした。 少女が記した文字のままで見て頂いた方が、彼女の心が伝わるのではないかと思ったので、詩集 を写真に撮り掲載させて頂いた。 天使の心を持った少女が我々に伝えんとしているメッセージをしっかり受け取って頂きたい。
 
文字が読みにくいときはクリックで拡大して読んで下さい。

 

 

 
 


クリックで拡大
 

 
 

 
 


クリックで拡大

 

 
 

 
 


クリックで拡大

 
 

 

 

 



 

カエデの花 @


A
 

サラサドウダン
(フウリンツツジ)

 



 

アヤメ


カキツバタ
 

ハナショウブ

 



 

ジャーマンアイリス  @


A
 

B

 



 

C


D
 

ポピー @

 



 

ポピー A


B
 

C


 



 



 

キングサリ


テッセン
(クレマチス)
 

A

 




 

戻る 上へ 進む