拡大する森林火災

 


 
 


森林火災と言うより、戦時中の東京の空襲による火災を思い出す

 

 

米国の森林火災が拡大し続けており、米国のテレビのニュースは連日のように被害の様子を伝えている。

6月にコロラド州やニューメキシコ州で発生し始めた森林火災は、8月も半ばを過ぎたというのに一向に収まる気配がなく、さらにカリフォルニア州などで新たな火災が次々と発生し、19日現在、西部の8つの州で41件の火災が発生している。

少なくともその被害はここ10年で最悪な状況となって来ており、州によっては史上最悪のレベルに達しているところもあるようだ。今年に入って既に2万6000平方キロメートルが焼失しており、その広さはなんと日本本島の10%近くに達している。

今回18日から19日にかけて、カリフォルニア州北部のサクラメントで発生した火災は、突然の出火で急な避難命令が出されたため、着の身着のままの避難となった人々が多かったようである。

家を失う悲しみにも増して、家族同様に暮らしてきたペットや家畜を救えなかった人達の心の痛みはいかばかりであろうか。これまでの火災で、何十万人の人々が避難を余儀なくされていることを考えると、今米国で発生している森林火災はなんとも痛ましい限りである。

津波も洪水も山火事も全ての自然災害をもたらした要因は、人間の自然破壊であるにもかかわらず、犠牲者となるのは人間だけではないのだ。人間のカルマの大きさを改めて知る思いである。
 

 

 
 


6月以来、米国では延べ何十万人の消防士が鎮火に当たっている

 

 
 

 
 


「殺虫剤」ならぬ「消火剤」をまく飛行機

 


 

ダラスのウイルスと洪水

 


 
 


西ナイル熱が発生しているダラスでは今度は洪水に襲われた

 


西ナイル熱が発生し10人を超す市民が犠牲となっているテキサス州ダラスで、蚊を撲滅するために殺虫剤が空中散布されたニュースは、「米国に新たな脅威」でお知らせした通りであるが、今度はそのダラスが大雨による洪水に襲われるという、まさに「泣き面に蜂」のニュースが伝わってきた。

市街全体が洪水で床上浸水が広がっているようだが、この大雨で先に散布した殺虫剤は皆流されてしまったのではないだろうか。天気が回復され次第再び散布が行われるようであるが、薬剤散布と大雨が繰り返されたら、今度は池や川の魚や小動物に薬剤被害が広がらないかと心配になってくる。

それにしても、このところの米国を襲っている災いは尋常ではない。自然災害からウイルスの蔓延へと拡大かと思ったら、空中散布をあざ笑うかのような豪雨の襲来、米国はこのまま災いが拡大することになるようなら、大統領選挙など「二の次」になってきそうである。

さらに口を開けて待っているのが、財政危機である。年末に切れる消費減税と立法化した財政削減の嵐は年明けと共に巨大な暴風雨となって米国全土を襲うことになるのではないかと思われる。巨大災害、戦争、暴動、内戦、疫病 ・・・・・ これまで他人事であったそうしたの災いが、いよいよ我が身に迫ってきたことを、米国国民はこれから先実感せざるを得なくなって来そうである。

ABCやPBCテレビが伝える連日の災害ニュースを見ていると、そんな気がしてならない。