皆既月食を撮る


ホーム
上へ
イランで異例な反政府デモ
カナダと米国北東部、異常な寒波と大雪
どうなる2018年、未来展望 @
どうなる2018年、未来展望 A
記録的な猛暑と大寒波
カリフォルニア州で大規模洪水発生
反発を買うトランプ政権の新たな動き
原爆投下正当論を打ち砕いた1枚の写真
米国の度を越したイスラエル寄り施策
米国北東部、今度は雪解けで「氷の洪水」
赤いサハラ砂漠に白銀の雪
米国、予算不成立で政府機関の閉鎖始まる
フィリピンのマヨン山噴火危険レベルに
噴火・地震相次ぐ
波紋を広げた米国副大統領のイスラエル訪問
PERUの学校にクリスマスプレゼント
ロシアとエジプトで大統領選挙ボイコット運動
 フィリピンのマヨン山伝説
皆既月食を撮る
米国[核なき世界]を放棄
一段と揺れ動き始めた世界情勢
なんともはや、驚きの世界が存在していた
ウォータークロックがもたらす洪水と渇水
緊張感を増してきた中東情勢 @
緊張感を増してきた中東情勢 A
トランプよ恥を知れ !!
シリア・拡散する「生き地獄」
1週間を振り返る
揺れ始めたEUの未来
ロシアと米国の異常気象
国際社会から見捨てられたイエメンの惨状
揺れるホワイトハウス
またもや米国で人災事故発生
米英とロシアの対立激化
絶対的な権力を得たプーチンと習近平
積雪の富士で不思議な現象
トランプ政権で発生した秘密情報漏れ
ロシアを巡る情勢緊迫化
愚かなりし人間
国境なき医師団、UNHCRからのメッセージ

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

 

 
 


皆既月食の始まる10分ほど前、この頃から地球の大気を
通った太陽光が月を照らすため、消えた月が褐色になり見え始めた。

 
 

昨夜は3年ぶりの皆既月食。 今回の月食は「スーパームーン」と「ブルームーン」、「ブラッドムーン」が重なった極めて珍しい皆既月食であった。

部分食のはじめが20:50ごろから始まり、左側から次第に欠け出して次第に暗く消え始めた。それからおよそ1時間ほどした頃から皆既食が始まり、それと同時に月が赤褐色に輝き始めた。食の最大は22:30頃で、赤色が増して綺麗なスーパームーンとなった。

皆既食が終わり出したのが10:50ごろ、食が完全に終了するのは更に1時間ほど後の真夜中過ぎ。 零下10度の寒い冬空の下、なんとも長い天体観測であった。  長いのは観測時間だけではなく、名前も「スーパーブルーブラッドムーン」となんとも長い、珍しい皆既日食であった。

「スーパームーン」は月が地球に最も近づくことを表し、「ブラッドムーン」は文字通り赤銅色の月を指すが、「ブルームーン」と言うのは青色を意味しているわけではない。 1ヶ月の間に2回満月が起きる時に、2回目の満月をそう呼んでいるだけのことである。 今年の1月は2日が満月で、昨夜は2回目の満月となったことからそう呼ばれたわけである。

次回に日本で「赤いブラッドムーン」が見られるのは、2037年1月31日だそうなので、ほぼ20年先、どうやら私には今回が見納めのブラッドムーンであったようだ。 そんなこともあってか、昨夜は月食が始まる頃から薄曇りになり、綺麗な皆既月食は見れられないのではないかと残念に思っていた ところ、途中多少雲の流れはあったが、なんとか最後まで素晴らしい月食を鑑賞することが出来て幸運であった。 

どうやらそれには、金龍様のお力添えがあったようだ。 皆既食が終わった途端、完全に雲に隠れてしまったのを見た瞬間、その力の大きさを感じ、思わず有難うございましたと感謝するところとなった。

ところで今回の月食撮影は大変な点があった。 皆既食が始まった頃から月の位置がほぼ真上になってしまったので、三脚に乗せた600ミリレンズをほぼ垂直に立てなければ、月を捉えることが出来なくなってしまったのだ。 小型のレンズならさほど苦労せずに済んだろうが、60センチほどある大型の重いレンズだけに、その操作が結構大変で、寒さなど感じている余裕がないほどであった(笑)。

 

 

 
 


皆既月食の始まり
 

 
 

 
 


食の最大時・赤色が最も輝いて見えた。
 

 
 

 
 


下側からブラッドムーンが消え始めた。 この間およそ1時間。

 

 

 


 

 




 

戻る 上へ 進む