またもや米国で人災事故発生


ホーム
上へ
イランで異例な反政府デモ
カナダと米国北東部、異常な寒波と大雪
どうなる2018年、未来展望 @
どうなる2018年、未来展望 A
記録的な猛暑と大寒波
カリフォルニア州で大規模洪水発生
反発を買うトランプ政権の新たな動き
原爆投下正当論を打ち砕いた1枚の写真
米国の度を越したイスラエル寄り施策
米国北東部、今度は雪解けで「氷の洪水」
赤いサハラ砂漠に白銀の雪
米国、予算不成立で政府機関の閉鎖始まる
フィリピンのマヨン山噴火危険レベルに
噴火・地震相次ぐ
波紋を広げた米国副大統領のイスラエル訪問
PERUの学校にクリスマスプレゼント
ロシアとエジプトで大統領選挙ボイコット運動
 フィリピンのマヨン山伝説
皆既月食を撮る
米国[核なき世界]を放棄
一段と揺れ動き始めた世界情勢
なんともはや、驚きの世界が存在していた
ウォータークロックがもたらす洪水と渇水
緊張感を増してきた中東情勢 @
緊張感を増してきた中東情勢 A
トランプよ恥を知れ !!
シリア・拡散する「生き地獄」
1週間を振り返る
揺れ始めたEUの未来
ロシアと米国の異常気象
国際社会から見捨てられたイエメンの惨状
揺れるホワイトハウス
またもや米国で人災事故発生
米英とロシアの対立激化
絶対的な権力を得たプーチンと習近平
積雪の富士で不思議な現象
トランプ政権で発生した秘密情報漏れ
ロシアを巡る情勢緊迫化
愚かなりし人間
国境なき医師団、UNHCRからのメッセージ

設置されたばかりの歩道橋が崩壊

 
 

 
 


歩道橋の崩壊現場

 
 

先日、「ロシアと米国の異常気象」で、米国・ペンシルベニア州南西部のピッツバーグ近郊で発生した、列車とタンクローリーとの衝突事故についてお伝えしたばかりであるが、それからわずか1週間余で、今度は歩道橋が崩壊するという信じ難い事故が発生。

15日午後の1時半頃、道路上に新しく設置したばかりの長さ53メートル、重さ950トンの歩道橋が突然崩壊。 下の道路を走行中の車数台を巻き込み、複数の死傷者が発生。 現地の警察官の発表では、少なくとも8台の車が巻き込まれたようで、100人を超す救助隊によって夜を徹しての救助が続いている。

この歩道橋は近くの大学生が歩道を渡る際に多くの死傷者が出ていることから設置されることになり、10日に設置されたばかりで、それからわずか5日後の事故である。 幸いにもまだ通行が許可される以前だったので、歩行者の被害は発生しなかったものの、もしも、利用が始まっていたら大変な惨状となるところであった。

それにしても、橋がかけ終わり数日後には歩行が始まろうという時に崩壊するとは何とも驚きである。 これが中国ならあり得ることだが、最高度のテクノロジーを持ち、建設にはプロの専門家が関わっていたことは間違いないと思われるだけに、今回の事故には、何か深い意味が込められているのかもしれない。

銃の乱射事件で17名の死者が出てから1ヶ月。「トランプよ恥を知れ!」とののしられたものの、その後にトランプ大統領のとった行動は教師に銃を持たせることだけ。 銃の規制に関する措置は全くとっていない。

事件発生から1ヶ月後の一昨日、全国から集まった学生たちがホワイトハウスの前で、死者の数と同じ17分間にわたって横たわっての抗議などお構いなし。 トランプにとっては30億円を超す資金を提供してくれる全米ライフル協会を敵に回すことなど、とんでもないことなのだ。 

全米の学校の数や教師の数を考えたら、教師に銃を持たせることは新たに大量の銃の販売を促進することになる。 これなら全米ライフル協会は喜んでくれるに違いない。 全てがカネ、カネの彼でなければ思い浮かばない素晴らしい知恵である。 

今回は全米ライフル協会に新たな恩を売ったことになるのだから、11月の議会選挙に対する支援金はさらに増すことになることだろう。 あの世への旅立ちの際には、たくさんの札束を持って行けることを祈ってあげようではないか。

 

 
 

 
 

 

 

 
 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む