ロシアを巡る情勢緊迫化

ホーム
上へ
イランで異例な反政府デモ
カナダと米国北東部、異常な寒波と大雪
どうなる2018年、未来展望 @
どうなる2018年、未来展望 A
記録的な猛暑と大寒波
カリフォルニア州で大規模洪水発生
反発を買うトランプ政権の新たな動き
原爆投下正当論を打ち砕いた1枚の写真
米国の度を越したイスラエル寄り施策
米国北東部、今度は雪解けで「氷の洪水」
赤いサハラ砂漠に白銀の雪
米国、予算不成立で政府機関の閉鎖始まる
フィリピンのマヨン山噴火危険レベルに
噴火・地震相次ぐ
波紋を広げた米国副大統領のイスラエル訪問
PERUの学校にクリスマスプレゼント
ロシアとエジプトで大統領選挙ボイコット運動
 フィリピンのマヨン山伝説
皆既月食を撮る
米国[核なき世界]を放棄
一段と揺れ動き始めた世界情勢
なんともはや、驚きの世界が存在していた
ウォータークロックがもたらす洪水と渇水
緊張感を増してきた中東情勢 @
緊張感を増してきた中東情勢 A
トランプよ恥を知れ !!
シリア・拡散する「生き地獄」
1週間を振り返る
揺れ始めたEUの未来
ロシアと米国の異常気象
国際社会から見捨てられたイエメンの惨状
揺れるホワイトハウス
またもや米国で人災事故発生
米英とロシアの対立激化
絶対的な権力を得たプーチンと習近平
積雪の富士で不思議な現象
トランプ政権で発生した秘密情報漏れ
ロシアを巡る情勢緊迫化
愚かなりし人間
国境なき医師団、UNHCRからのメッセージ

22カ国がロシア外交官追放に踏み切る

 
 

 
 


EU首脳会議でロシアに対して強い姿勢で臨むことを決定。
これから先、EUとロシアとの関係はさらに悪化することになりそうである。

 
 

イギリス南部で起きたロシアの元スパイに対する暗殺未遂事件から3週間余。 英国がロシアの外交官23人を追放したことに対して、ロシアが対抗措置をとったことについては、「米英とロシアとの対立激化」でお伝えした通りであるが、その後、英国とロシア間だけでなく欧米諸国とロシアとの関係悪化が、驚くほどの勢いで広がり始めている。

26日にベルギーのブリュッセルで開かれたEU首脳会議で、事件にはロシア政府の関与があった可能性が高く、神経剤の使用は全ての国にとって脅威であるとして、ドイツやフランス、イタリアなどEU加盟国の半分以上の16カ国が、ロシアの外交官を国外追放する処置を発表。 さらにそれに歩調を合わせるかのように、カナダやウクライナなど5ヶ国も追随。 

一方、米国はワシントンのロシア大使館の48人とニューヨークのロシア国連代表部12人の計60人の外交官の国外追放に加えて、シアトルのロシア総領事館を閉鎖する大規模な措置を行うことを発表。 これでロシアに制裁措置を実施する国は英国を含めて22カ国となり、これから先、さらに広がりそうである。 欧米諸国を中心としたこれだけの大規模な外交官追放措置は冷戦終結以来、最も多く前例のない数となっている。

時をさかのぼると、ロシア政府によるクリミアのロシアへの併合をきっかけに、今もなお続くウクライナ東部への軍事介入、さらには、欧米諸国に対するソーシャルメディアを利用した一連のサイバー攻撃 ・・・・・など、ロシアが行ってきた欧米に対する強固政策はプーチン大統領の国内での支持率を上げる一方、欧米諸国を憤慨させるところとなり、経済的封鎖などの措置をとりあう状況が続いている。

ハルマゲドンの発生は「欧米対ロシア」の争いが発端となるとされているだけに、読者に置かれては、これから先、ロシアを巡る情勢には関心を払っておいて頂きたいと思っている。 自然災害だけでなく、シリアやイエメンの紛争の激化や政治情勢の混乱がここに来てその勢いを増してきているだけに、気になるところである。

 
 

 
 


ロシアは中東情勢を含め、これから先の世界の動きのキーを握ることになりそうだ。

 
     




 

戻る 上へ 進む