チリの巨大森林火災


ホーム
上へ
波乱の幕開けを示す珍事
ペルー学校建設報告 B
衰退する米国を象徴する事故
サウジの砂漠が花園化
ヨーロッパ全域で寒波と大雪
エルサレムで車テロ
一向に改善されない中国のスモック
世界を覆う記録的な寒気と高温
米軍部隊3500人ポーランドへ
トランプ政権、間もなくスタート @
トランプ政権間もなくスタート A
トランプ政権間もなくスタート B
イタリアでまたまた地震
イタリアの哲学者が残した終末預言
「愛猫・チロ大還暦展」開催のご案内
アフリカのサハラ砂漠が銀世界
動き出したトランプ政権の波紋
「世界終末時計」の針が進む
愚か者と賢者の未来
米国とイランとの対立を喜ぶイスラエル
やりたい放題・イスラエル
チリの巨大森林火災
ニュージーランド700頭のクジラ座礁
注目の米国・イスラエル首脳会談
世界に配信された二つの顔
明らかにされ始めた「影の政府」の存在
中国共産党政権、最終段階へ
中国を崩壊に導く大気汚染
トルコとドイツ更なる関係悪化
世界は「新冷戦時代」に突入
強烈な「春の嵐」に見舞われた欧米
トルコとEUとの亀裂深まる
砂漠の花園化更に広がる
欧米では再び暴風雨と降雪・寒波
噴火が続くイタリアのエトナ火山
米国の砂漠でも花園化
限界を超えた中国漁船の乱獲
南シナ海にも影響し始めた中国の乱獲
ロシアで再び反政府デモ
新たな大統領令発動

発生から2週間、今もなお延焼が続いている

 
 

 
 


史上最悪の被害をもたらしたチリの大規模森林火災はようやく下火になって来たようだ。

 
 

南米チリで史上最悪の森林火災が発生したのは1月23日頃。 あれから既に半月がたったというのに、未だに鎮火せず消火活動が続いている。 火災は首都サンティアゴ周辺から広がったようであるが、自分がかって訪ねた国の災害のニュースを聞くと、胸が痛む。 しかし、今日のニュースではようやく火の勢いが衰え始めたようなので、ホッとしているところである。

チリは今は真夏、この時期は雨が少なく山火事は毎年起きてはいるようだが、今回の森林火災は熱波と史上最悪の猛暑、それに既に8年前から続いている異常な干ばつが追い打ちをかけ、史上最大規模の火災となってしまったようだ。

ブドウ園や農地が広がる同国中部に甚大な被害が広がっており、人口4000人の町サンタ・オルガが完全に焼失してしまった他、首都サンティアゴでもかなりの被害が出ており、現段階で焼失面積は4000平方キロメートルに達しているようなので、東京都の2倍。 その広さは、東西50キロとすると南北は80キロとなるので、その広大さが分かろうというものだ。

一方、隣国アルゼンチンでも1月中旬から歴史的な巨大森林火災が発生し、先週辺りにようやく鎮火に向かったようである。 こうして一つの山火事を見ても、その大きさがかってないほどの記録的な規模になっており、洪水、地震、噴火、ハリケーン、竜巻など、あらゆる自然災害のどれもが同じ傾向を示している。 

 

 

 
 


逃げ惑うしかの姿が痛ましい
 

 
 

 
 


世界遺産に登録されている港町バルパライソに迫る
 

 
 

 
 


首都サンティアゴ郊外にも火の手が迫る (1月24日)

 
 

 

 
 

 

 
 

米国南部で巨大竜巻

 
 

 
 

 
ニューオリンズ市の石油精製施設の真横を通過する強大竜巻

 
 

米国国内は今やトランプ騒動で嵐が吹き荒れている。 そんな嵐に負けじとばかりに、米国南部のルイジアナ州やミシシッピー州では巨大な竜巻が幾つも発生。 住宅は瓦礫と化し、車は吹き飛ばされて空を舞い、電柱が倒れて電線が切断され1万戸が電気のない生活を余儀なくされている。

今回1日で発生した竜巻の数はルイジアナ州で5個、ミシシッピー州で3個、その周辺の数を足すとゆうに10個を超えているようだ。 ルイジアナ州南部にある同州最大の都市・ニューオリンズを襲った竜巻は、石油精製施設のすぐ横を通過しており、一歩間違ったら、とんでもない災害を起こしていた可能性がある。

近年米国を襲っている竜巻は、その頻度が増し規模が巨大化しているだけでなく、都市部を襲うようになって来ている。 これまでの常識が通用しなくなってきているのだ。 かってないほどの規模の自然災害は、米国のみならず世界各地で発生し続けており、もはや国や国民同士が争っている時ではないのだが、愚かな人間はそれに気づかずにいるのだから、なんともはや困ったことだ。

 
 

 
 

 

 
 

 
 

 

 
 

 
 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む