トルコとドイツ更なる関係悪化

ホーム
上へ
波乱の幕開けを示す珍事
ペルー学校建設報告 B
衰退する米国を象徴する事故
サウジの砂漠が花園化
ヨーロッパ全域で寒波と大雪
エルサレムで車テロ
一向に改善されない中国のスモック
世界を覆う記録的な寒気と高温
米軍部隊3500人ポーランドへ
トランプ政権、間もなくスタート @
トランプ政権間もなくスタート A
トランプ政権間もなくスタート B
イタリアでまたまた地震
イタリアの哲学者が残した終末預言
「愛猫・チロ大還暦展」開催のご案内
アフリカのサハラ砂漠が銀世界
動き出したトランプ政権の波紋
「世界終末時計」の針が進む
愚か者と賢者の未来
米国とイランとの対立を喜ぶイスラエル
やりたい放題・イスラエル
チリの巨大森林火災
ニュージーランド700頭のクジラ座礁
注目の米国・イスラエル首脳会談
世界に配信された二つの顔
明らかにされ始めた「影の政府」の存在
中国共産党政権、最終段階へ
中国を崩壊に導く大気汚染
トルコとドイツ更なる関係悪化
世界は「新冷戦時代」に突入
強烈な「春の嵐」に見舞われた欧米
トルコとEUとの亀裂深まる
砂漠の花園化更に広がる
欧米では再び暴風雨と降雪・寒波
噴火が続くイタリアのエトナ火山
米国の砂漠でも花園化
限界を超えた中国漁船の乱獲
南シナ海にも影響し始めた中国の乱獲
ロシアで再び反政府デモ
新たな大統領令発動

エルドアン大統領の発言に世界が驚愕

 
 

 
 


エルドアン大統領のドイツをナチスになぞらえた発言に世界は驚かされた

 
 

トルコのエルドアン大統領の「ドイツはナチスと同じだ」という発言によってドイツとトルコとの関係が一気に悪化するところとなった。 事の発端はトルコの閣僚がドイツを訪問し、ドイツに在住のトルコ人の集会に参加し、エルドアン大統領への指示を訴えようとしたところ、ドイツ政府から集会の開催を認められなかったことであった。

現在トルコでは、大統領の権限強化と任期の延長に関する憲法改正の是非を問う、国民投票が行われようとしているが、この国民投票には海外に在住の人々の参加が認められている。 そのため、多くの在住者がいる国での投票結果は成り行きに影響を与えるため、海外における集会には力を注ぐところとなっているのだ。

今回ドイツを訪問したのは経済相で、その集会がドイツ政府によって認められなかったことを受けて、5日トルコの首都で開かれた女性を対象とした集会で、エルドアン大統領は次のような驚くべき発言をしている。

ドイツよ! それは民主主義とはまったく別のもので、お前たちのやり方はナチスが昔やったこととまったく同じだ

この発言は一国のトップが発した言葉としては容易ならざるもので、世界を驚かす発言であった。昨年、トルコで発生したクーデター未遂事件以来、エルドアン大統領による強権政治に反発するEU(欧州連合)と トルコとの関係が悪化する中、今回の発言でEUの中心国・ドイツとの関係は一気に最悪な状態になりそうである。

今のところ、ドイツ政府からは公式な反応は出ていないが、野党トップからは「恐ろしく脱線した発言だ!」「恥知らずの傲慢な発言だ!」と強い非難の声が上がっている。 心配なのは、ドイツとトルコとの関係悪化は、今後のEUとトルコとの関係に悪影響を及ぼす点である。

特に今は冬場で鳴りを潜めているが、シリアやアフガンなどからの難民の流入問題は消えたわけではない。 難民流入を抑える最大の決め手となっているのは、経由国・トルコからの流入禁止措置である。 トルコもEUからの支援金があるため、今のところ、流入禁止協定の破棄についての発言は行われていないが、EU諸国がドイツと同様、エルドアン大統領の強権政治に対する非難を強めていくようなら、いずれ難民協定の破棄が問題となることは間違いない。

シリアにおける内戦終結とIS(イスラム国)撲滅について、いまやトルコとロシアとの関係は一段と強化されつつある。 それだけに、トルコがEUとの関係を断ってロシア政府と強く結びつくようなことになるなら、EUは大変だ。 一歩間違うとEUの分裂にも発展しかねないだけに、目が離せなくなって来そうだ。

 

 

 
 

 
 


エルドアン大統領の発言に対して「言ってはならないことだ」と強く非難するドイツ人女性

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む