米国のトルコへの制裁がもたらしたものは

ホーム
上へ
イラン核合意破棄に向かう米国とイスラエル
活発化するハワイのキラウエア火山
さらに拡大するキラウエア噴火
拡大する世界の異常気象
米国、イラン核合意から離脱発表
イラン核合意破棄の波紋広がる
世界に衝撃!! 家族ぐるみの自爆テロ
大使館移転がもたらした悲劇
これでもかと襲う米国の自然災害
キラウエア大規模噴火
米国、またもや高等学校で銃乱射事件
イラン情勢に「火に油」を注ぐトランプ政権
米朝首脳会談中止
乱れる人心、獣と化す人間
今年もまた甚大となるかハリケーン被害
メリーランド州の被害甚大
プラスチックによる海水汚染の危機
加速する北極の氷の溶解
グアテマラ・フエゴ火山大規模噴火
フエゴ火山噴火の死者数は数百人規模に
7カ国(G7)の亀裂鮮明に
中身のない合意で終わった米朝会談
イタリア拒否の難民船、スペインに到着
孤独がもたらす肉体的障害と孤独死の実体
衰退する覇権国家・米国の末路
止むことなき米国の自然災害
また一歩危険域に踏み出したトランプ大統領
拡大し続ける米国の山火事
拡大する一方の貿易戦争
地獄と化したシリアとイエメン
ウォータークロックの到来を実感する時
米中の貿易摩擦、一段とエスカレート
世界に広がる記録的な猛暑
世界を驚かせ続けるトランプ発言
プラスチックごみ廃棄の実態
世界に広がる噴火、猛暑、洪水
中東和平に冷や水
世界的猛暑の要因は?
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 @
拡大し続ける猛暑・山火事・洪水
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 A
異例の寒波と降雪に見舞われている南米
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 B
Uターンする台風12号
隠され続けてきた未知なる世界の真実 C
熱波と干ばつのヨーロッパと洪水のインド
核とミサイル開発を続ける北朝鮮
貿易戦争に向かう米国と中国
止むことなき、山火事、洪水、地震
セサル氏学校訪問の報告
歴代最大規模となった米国の山火事
イエメンの惨状
縁で結ばれたサニりアート村
米国のトルコへの制裁がもたらしたものは
南アジアの洪水と地震
拡大し続ける世界の山火事
国連、ロヒンギャ迫害の調査結果を発表
厳しい避難生活に耐えるロヒンギャの人々
新興国の通貨下落始まる
中国と米国の洪水
北海道で初めての震度7の大地震発生
シリアで更なる悲劇発生か
中南米で前代未聞の地震発生
トランプ政権またもや「パレスチナ」いじめ
驚きのプーチン大統領発言
英国暗殺未遂事件の容疑者テレビに登場
北米とフィリピンを襲う大型ハリケーンと台風
米中の関税合戦さらに進む
新たな2分化が始まった米国

トルコ通貨の大暴落、親米から親露への転換

 



 


トルコは親米国から親ロシア・イランへと移ることになりそうだ。

 

この10日間、世界情勢に関する記事は全く記さずに来たが、その間の気になる出来事があったので記しておくことにする。それは、米国とトルコ間のさらなる関係悪化であった。 かねてからお伝えしてきたように、NATO(北大西洋条約機構)に属しながら米国とトルコ、両国間では亀裂が生じ始めて来ていた。

亀裂を発生させていたのは以下のような要因であった。

@ トルコのクルド系政党と繋がるシリアのクルド人部隊を米軍が支援していること。
A トルコ政府が軍用機などをロシアに発注しようとしていること。
B 2016年にトルコで発生したクーデター未遂事件を起こした反政府勢力を支援
  したとして、トルコ政府が米国人・ブランソン牧師を自宅軟禁状態にしていること。

そうした状況下でトランプ大統領が、今月10日に、ブランソン牧師の釈放に応じないトルコに対して、アルミニュームと鉄鋼の関税率を2倍に引き上げる制裁措置を発表。  これに対してトルコ政府は「敵対的な態度」と非難し、報復する意向を表明。 こうした動きを受けて、トルコの通貨リラが前日比で30%急落、その後も下落は続いて一時下落率は40%に達する事態となった。 まさに大暴落だ。

日本円で言うなら、1ドル110円だったものが、190円近くに下落したことになるのだから大変だ。 もともとトルコの財政状況には問題があり、通貨安が進んでいただけにトルコにとっては大変な痛手となった。 そうした動きを受けて、10日の株式市場が世界的に大幅下落し、我が国でも430円と大幅に下落したことは、ご承知の通りである。

幸いにも、市場の混乱は一時的なもので終わったが、問題はトルコと米国間の関係悪化がもたらす、政治的、経済的な悪影響である。 トルコのエルドアン大統領 は米国に対する強気の姿勢を崩しておらず、これからも米国の要求に屈することはなさそうである。 

そうなると相手がトランプ大統領であることから、更なる制裁措置を取る可能性が強いだけに、両国の関係悪化が一段と深まる 可能性は大きそうである。 それは即、トルコとロシア、イランとの関係強化につながるだけに、さもなくても冷戦状態と化している米国とロシア関係をさらに悪化させることになりそうである。

また、経済的な面でもEU諸国はトルコと深い関係にあり、特にフランスやスペイン、イタリアはトルコ向けの多額の融資を抱えておるため、大幅なリラ安によるトルコ経済の混乱は、大きな痛手となることは明らかである。 特にイタリアやスペイン の財政状況は悪化しており、第二のギリシャとなろうとしているだけに、一歩間違ったらEU全体に大きな混乱を巻き起こすことになるかもしれない。

トルコにおける絶対的な権力を握ったエルドアン大統領と自国第一主義を掲げるトランプ大統領。 両者が譲り合う可能性は小さいだけに、どうやら これから先、「両国間の関係悪化」と「通貨リラの下落に伴うトルコ経済の混乱」からは、目が離せない状況が続きそうである。

 




 

戻る 上へ 進む