中国・広東省の大洪水

 
 

 
 


広東省広州市は街全体が水に浸かる被害が発生し、死者や行くへ不明者が発生

 
 

多発する台風に襲われ続けている日本列島。 明日には強い勢力を持った21号が上陸するようなので、再び大きな被害が発生するのではないかと心配だ。 ウォータークロックの到来による水の被害は世界各地で益々その度合いを増して来ており、先週末から週明けにかけ中国や米国で発生した洪水は、その範囲と規模が我が国に比べて遥かに広大で大規模となっている。

中国南部、広東省では週末に、大雨による洪水で広州市など一帯が黄色く染まった水に覆われ、20名を超す死者や行方不明者が出ている。 中国の自然災害は報道されるケースが少ないため、我々が耳にすることが少ないが、かなりの頻度で発生している事は確かである。 現に、今回洪水に見舞われ大きな被害が発生した広州市周辺では、昨年の5月にも市街全体が水深1〜3メートルの冠水に見舞われ、多くの死者が発生している。

一方、自然災害のメッカと化している米国では、先週末からの3連休中、カンザス州やテキサス州など南西部から、ミシガン州やペンシルバニア州など東部一帯にかけて、広大な国の半分以上のエリアで、多くの町が竜巻や洪水など大荒れの天気に見舞われている。

カリブ海一帯ではこれから先、本格的なハリケーンシーズンが始まるだけに、昨年、甚大な被害に見舞われたフロリダ やルイジアナ州などメキシコ湾に面した南東部一帯は今年もまた、大規模災害に見舞われることにならないか心配である。

 
 

 
 


広州市の被害状況 (東方衛視)

 

 
 

 
 

 

 
 

米国の被害状況

 
 

 


渦巻状に拡大するミシガン州の積乱雲 (アメリカABC)

 

 

 


ネブラスカ州では落雷と大雨でアメリカフットボールの開幕戦が中止となった。

 

 

 
 
メリーランド州の大雨による洪水
 
 
 

 
 



 

 
 

 
 


急流と化した水で自宅から出れなくなり、救助を待つ男性