ハルマゲドンへの第一歩となるか


ホーム
上へ
イラン核合意破棄に向かう米国とイスラエル
活発化するハワイのキラウエア火山
さらに拡大するキラウエア噴火
拡大する世界の異常気象
米国、イラン核合意から離脱発表
イラン核合意破棄の波紋広がる
世界に衝撃!! 家族ぐるみの自爆テロ
大使館移転がもたらした悲劇
これでもかと襲う米国の自然災害
キラウエア大規模噴火
米国、またもや高等学校で銃乱射事件
イラン情勢に「火に油」を注ぐトランプ政権
米朝首脳会談中止
乱れる人心、獣と化す人間
今年もまた甚大となるかハリケーン被害
メリーランド州の被害甚大
プラスチックによる海水汚染の危機
加速する北極の氷の溶解
グアテマラ・フエゴ火山大規模噴火
フエゴ火山噴火の死者数は数百人規模に
7カ国(G7)の亀裂鮮明に
中身のない合意で終わった米朝会談
イタリア拒否の難民船、スペインに到着
孤独がもたらす肉体的障害と孤独死の実体
衰退する覇権国家・米国の末路
止むことなき米国の自然災害
また一歩危険域に踏み出したトランプ大統領
拡大し続ける米国の山火事
拡大する一方の貿易戦争
地獄と化したシリアとイエメン
ウォータークロックの到来を実感する時
米中の貿易摩擦、一段とエスカレート
世界に広がる記録的な猛暑
世界を驚かせ続けるトランプ発言
プラスチックごみ廃棄の実態
世界に広がる噴火、猛暑、洪水
中東和平に冷や水
世界的猛暑の要因は?
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 @
拡大し続ける猛暑・山火事・洪水
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 A
異例の寒波と降雪に見舞われている南米
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 B
Uターンする台風12号
隠され続けてきた未知なる世界の真実 C
熱波と干ばつのヨーロッパと洪水のインド
核とミサイル開発を続ける北朝鮮
貿易戦争に向かう米国と中国
止むことなき、山火事、洪水、地震
セサル氏学校訪問の報告
歴代最大規模となった米国の山火事
イエメンの惨状
縁で結ばれたサニりアート村
米国のトルコへの制裁がもたらしたものは
南アジアの洪水と地震
拡大し続ける世界の山火事
国連、ロヒンギャ迫害の調査結果を発表
厳しい避難生活に耐えるロヒンギャの人々
新興国の通貨下落始まる
中国と米国の洪水
北海道で初めての震度7の大地震発生
シリアで更なる悲劇発生か
中南米で前代未聞の地震発生
トランプ政権またもや「パレスチナ」いじめ
驚きのプーチン大統領発言
英国暗殺未遂事件の容疑者テレビに登場
北米とフィリピンを襲う大型ハリケーンと台風
米中の関税合戦さらに進む
新たな2分化が始まった米国
気象コントロール兵器使用
ハルマゲドンへの第一歩となるか
不思議な台風24号の進路

ロシアがアサド政府軍に地対空ミサイル提供

 
 

 
 


ロシアがシリア軍に供与することになった地対空ミサイルS300

 
 

シリア内戦でシリアを支援するロシアは、アサド政権軍に「地対空ミサイルS300」を供与することを明らかにした。 このニュースは我が国では 、大きく取り上げられなかったので、読者はご存じないかもしれないが、ハルマゲドンを念頭に考えれば重要な情報だと思われるので掲載することにした。

18日、シリアに向かって飛行するイスラエル軍機にアサド政権軍がロケット弾で反撃しようとする事態が発生し た。 しかしこの時、イスラエル軍機の接近を知らぬまま飛び立ったロシア軍の偵察機を、アサド政府軍がイスラエル軍の戦闘機と勘違いして対空砲火で撃墜。搭乗していた 15名のロシア空軍兵が死亡する事態となってしまった。 

これを受けて、ロシアのプーチン大統領は、この事件はイスラエル軍機がシリア領内に接近する時には事前にロシア軍に連絡することになっていたのに、今回はその通知がなかったために発生した事故であると、イスラエルのネタニヤフ首相に注意勧告。

そして、今後のロシア軍兵士の安全を守るために必要な措置だとして、アサド政権軍に地対空ミサイルS300を供与することを決定したというわけである。 ロシアのショイグ国防相は24日、供与は2週間以内に行うと、具体的日程を発表。  こうしたロシア政府の一連の動きには、シリア領内への攻撃を繰り返すイスラエル軍を強くけん制する意図が秘められいることは明白。

 
 

 
 


シリア軍の対空砲火で誤って撃墜されたロシア軍機

 
 

ミサイルS300供与がもたらす脅威

 

アサド大統領


プーチン大統領
 

ネタニヤフ首相

3人のトップの決断と行動が、これからの中東情勢に大きな影響を及ぼすことになりそうだ。

実は今回ロシアが供与することになった「地対空ミサイルS300」は既に5年前に供与することになったいたが、イスラエルからの要請で止めていたものである。 そのため、既にシリア軍による発射訓練は完了しているため、供与されればいつでも使用できる状況にあるのだ。

このミサイルS300は射程が250キロを超える能力を持って いるだけでなく、幾つかの目標を同時に射撃することが出来る高性能のミサイルである。 そして250キロ の射程距離は、イスラエル全域が射程圏内に入ることになる。 したがって、イスラエル軍としてはシリアへ侵入した場合だけでなく、自国内上空を飛ぶ軍用機全てが攻撃の対象となってしまうため、大きな脅威となることは確かである。

となれば、イスラエルべったりのトランプ政権が黙っているわけがない。  早速、ボルトン大統領補佐官がロシア政府に対して「今回のロシア政府の措置は事態を激しく悪化させることになる 。 我々が求めているのは緊張の緩和であって、新たな戦闘の可能性をなくすことだ」と、抗議声明を発表。

イスラエル政府が一番恐れているのはイランからの核ミサイルによる攻撃であるが、 今回のロシアによるシリア軍へのミサイルS300の供与によって、隣国シリアからの攻撃も新たな脅威となったのである。 

シリアもイランもその裏にはロシア軍がついているだけに、「ロシア対イスラエル」の対決となる日が遠からず到来することになるかもしれない。 それこそが、ヨハネの黙示録やエゼキエル書が伝えているゴグ(ロシア軍)がエルサレムの地に立つ世界最終戦争「ハルマゲドン」なのである。 こうして世界は一歩一歩、危機的方向に向かって進んでいるのだ。

 

 

 


    イスラエル空軍機・F16 

                                   ロシアの空軍機VIN ー20
 

   
 

 

 

 



両戦闘機が火花を散らし始めた時がハルマゲドンの始まりとなるのだ

 

 

 




 

戻る 上へ 進む