世界的猛暑の要因は?
 

 

ホーム
上へ
世界を混乱に導くトランプ政権
加速する北極の氷の溶解
グアテマラ・フエゴ火山大規模噴火
フエゴ火山噴火の死者数は数百人規模に
7カ国(G7)の亀裂鮮明に
中身のない合意で終わった米朝会談
イタリア拒否の難民船、スペインに到着
孤独がもたらす肉体的障害と孤独死の実体
衰退する覇権国家・米国の末路
止むことなき米国の自然災害
また一歩危険域に踏み出したトランプ大統領
拡大し続ける米国の山火事
拡大する一方の貿易戦争
地獄と化したシリアとイエメン
ウォータークロックの到来を実感する時
米中の貿易摩擦、一段とエスカレート
世界に広がる記録的な猛暑
世界を驚かせ続けるトランプ発言
プラスチックごみ廃棄の実態
世界に広がる噴火、猛暑、洪水
中東和平に冷や水
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 @
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 A
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 B
世界的猛暑の要因は?
拡大し続ける猛暑・山火事・洪水
異例の寒波と降雪に見舞われている南米
Uターンする台風12号
熱波と干ばつのヨーロッパと洪水のインド
核とミサイル開発を続ける北朝鮮
貿易戦争に向かう米国と中国
止むことなき、山火事、洪水、地震
セサル氏学校訪問の報告
縁で結ばれたサニりアート村
歴代最大規模となった米国の山火事
イエメンの惨状
米国のトルコへの制裁がもたらしたものは
南アジアの洪水と地震
拡大し続ける世界の山火事
国連、ロヒンギャ迫害の調査結果を発表
厳しい避難生活に耐えるロヒンギャの人々
新興国の通貨下落始まる
中国と米国の洪水
北海道で初めての震度7の大地震発生
シリアで更なる悲劇発生か
中南米で前代未聞の地震発生
トランプ政権またもや「パレスチナ」いじめ
驚きのプーチン大統領発言
英国暗殺未遂事件の容疑者テレビに登場
北米とフィリピンを襲う大型ハリケーンと台風
米中の関税合戦さらに進む
新たな2分化が始まった米国
気象コントロール兵器使用
ハルマゲドンへの第一歩となるか
不思議な台風24号の進路

ロシアとグリーンランドを襲う北極海の猛暑

 
 

 
 


北極圏のムルマンスク地方の猛暑の様子を伝えるロシアTV

 
 

連日、記録的な猛暑が続く中、読者のみなさんいかがお過ごしだろうか。 昨日はとうとう熊谷で41.1度と国内最高気温が更新され、マスコミは災害級の高温と伝えている。世界に目を向けると、米カリフォルニア州デスバレーでは52.0度を観測。 このほか同州ロサンゼルス近郊チノで48.9度とサハラ砂漠の51.3度と変わらない異常な高気温となっている。

先日、「世界に広がる記録的な猛暑」で、 シベリアのヤクーツクで35度を上回る高温で、100か所を超す森林火災が発生していることをお伝えしたが、今日のモスクワTVはヤクーツクよりもさらに緯度の高い北極圏に位置し、7月の平均気温が15℃にも達しないムルマンスク地方でも32度という60年ぶりの猛暑に襲われていることを伝えていた。 この高温で山火事が相次いでおり、既に2000ヘクタールが焼失、延焼域はムルマンスク市の郊外に達しているようである。

また「世界に広がる噴火、猛暑、洪水」では、高温で北極の氷が溶けてグリーランド西部の海岸に100メートルを超す氷山が押し寄せていることをお伝えしたが、今朝のニュースではイングランド東部でも35度という異例の高温警報が出されている事が伝えられていた。 冷房などまったく不要な土地であるため、住民は猛暑を避けるために大変な苦労をしておられるようである。

こうした世界的な異常気象が発生している要因として、気象庁は上空の大気の流れ(偏西風)が大きく変わったからだと説明している。しかし、それでは何故、偏西風に大きな変化が起きたのか、これから先はどうなるのかという点については曖昧のままである。 つまり、現代の気象学では十分な説明が出来ないのだ。

その真の要因を説明するのが、今日から3回シリーズで掲載することにした「隠され続けてきた未知なる世界の真実 @」に記した、太陽で発生している異常現象なのだ。 今回のシリーズをしっかり読まれて今の地球上の異常な気象状況は、宇宙的規模の異変によるものだという点を理解して頂ければと思っている。

 
 

 
 


シベリアのムルマンスク地方で拡大し続けている森林火災

 

 

 




 

戻る 上へ 進む