プラスチックごみ廃棄の実態
 

 


ホーム
上へ
世界を混乱に導くトランプ政権
加速する北極の氷の溶解
グアテマラ・フエゴ火山大規模噴火
フエゴ火山噴火の死者数は数百人規模に
7カ国(G7)の亀裂鮮明に
中身のない合意で終わった米朝会談
イタリア拒否の難民船、スペインに到着
孤独がもたらす肉体的障害と孤独死の実体
衰退する覇権国家・米国の末路
止むことなき米国の自然災害
また一歩危険域に踏み出したトランプ大統領
拡大し続ける米国の山火事
拡大する一方の貿易戦争
地獄と化したシリアとイエメン
ウォータークロックの到来を実感する時
米中の貿易摩擦、一段とエスカレート
世界に広がる記録的な猛暑
世界を驚かせ続けるトランプ発言
プラスチックごみ廃棄の実態
世界に広がる噴火、猛暑、洪水
中東和平に冷や水
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 @
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 A
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 B
世界的猛暑の要因は?
拡大し続ける猛暑・山火事・洪水
異例の寒波と降雪に見舞われている南米
Uターンする台風12号
熱波と干ばつのヨーロッパと洪水のインド
核とミサイル開発を続ける北朝鮮
貿易戦争に向かう米国と中国
止むことなき、山火事、洪水、地震
セサル氏学校訪問の報告
縁で結ばれたサニりアート村
歴代最大規模となった米国の山火事
イエメンの惨状
米国のトルコへの制裁がもたらしたものは
南アジアの洪水と地震
拡大し続ける世界の山火事
国連、ロヒンギャ迫害の調査結果を発表
厳しい避難生活に耐えるロヒンギャの人々
新興国の通貨下落始まる
中国と米国の洪水
北海道で初めての震度7の大地震発生
シリアで更なる悲劇発生か
中南米で前代未聞の地震発生
トランプ政権またもや「パレスチナ」いじめ
驚きのプーチン大統領発言
英国暗殺未遂事件の容疑者テレビに登場
北米とフィリピンを襲う大型ハリケーンと台風
米中の関税合戦さらに進む
新たな2分化が始まった米国
気象コントロール兵器使用
ハルマゲドンへの第一歩となるか
不思議な台風24号の進路

世界が見下す「米国」と「日本」

 
 

 
 


世界で生産される年間約4億トンのプラスチックのうち、約4割は使い捨て。 その多くは海に破棄され、やがてマイクロプラスチックとなって人間の胃袋の中に戻ってくる。 
また、海鳥や亀など海を生息地とする動物たちを絶滅させる要因ともなっているのだ。
 

 
 

先般、「プラスチックによる海水汚染の危機」で世界中の国々から廃棄されたプラスチックごみが山となり、やがて海に流れ込んでその多くが微細化され「マイクロプラスチック」となっている恐ろしい実体を記した。 相当ショッキングな記事だった ので、よもや読者は忘れてはいまい。 

太陽光や波によって微小化され海底近くを漂っているマイクロプラスチックは、小魚に食べられ、それは中型魚、大型魚を経由して我々人類の食するところとなるのである。  また、オランダのフラネカー博士らの研究によると、90%の海鳥がプラスチックごみを、えさと間違えて食べているようである。 

そのため、胃のスペースがプラスチックに占められ、およそ100万羽の海鳥が餓死している可能性があるという。 このように海の生態系への直接的な影響も出ているようである。

こうしたニュースが世界に広まったこともあり、世界各国でプラスチックの廃棄に関心が深まり、ジュース類を飲む時などに使われるストローなどのプラスチック類の使用を禁止する動きや、使い捨てになっているプラスチック類の廃棄に対する厳しい法律の 制定気運が強まって来ている。  

先月、カナダで開かれた主要7ヶ国首脳会談でも、使い捨てプラの使用を大幅に削減することや、リサイクルなどの数値目標を掲げた「海洋プラスチック憲章」が議論されるところとなった のも、そうした流れを反映したものであった。 しかし、なんとも残念なことに、その憲章の署名を拒否した国があった。 それは我が国と米国であったのだ。

 
 

 
 

 

G7でメルケル首相の説得に聞き入る、安部とトランプの
仲良しコンビ。  腕を組んでいるのはこの二人だけ。

 
 

なんともはや恥ずかしい限りであるが、実は、トランプと安部という たぐいまれな指導者によって署名を拒否した二つの国が、一人当たりの使い捨てプラスティックゴミの発生が世界の1位と2位を占めていたのだ。 国連環境計画(UNEP)によると、使い捨てプラゴミを最も多く出しているのは中国で4000万トン(2014年のデーター)であるが、一人当たりに換算すると日本は約32キロで2位、1位の米国は45キロ で、中国は28キロ。

なんとも情けない話であるが、安部という男が首相としてやって来たことは、これだけではない。 世界で唯一の被爆国であるというのに、核兵器禁止条約に我が国は米国と一緒に加盟することを拒否したのである。 

原子爆弾を実戦に利用した米国とその被爆国が心を一つにして核廃絶を拒んでいるのだからなんともはや驚きである。 条約の内容に問題があるとする意見もあるが、欧州などから見たら、日本はただ米国にすり寄っているとしかみえていないに違いない。 なんともはや、恥ずかしい限りである。

成長戦略の目玉にするという大義名分の下、国民にギャンブル依存症を生むことになる「カジノ法案」を成立させ、政府公認の賭博場を開設するのに注力する時間があったら、 もっともっと、プラゴミと核の廃絶に力を注いだらどうだ。 しかし、そんな首相や政府をいつまでものさばらしているのは、我々国民自身であることも確かである。 

今や世界各国では首相や大統領の言動に対する様々なデモやストライキなどの抗議活動が頻繁に起きている。  欧米から中東に至るまで世界のテレビはその様子を伝えている。 しかし、我が国においてはそうした政治に対する大規模な抗議活動などほとんど目にしたことがない。 

一見、穏やかで平穏な国であるように見えるが、その実態は国民の魂がふぬけになってしまっているだけかもしれない。 どうやら、かっての神国日本を担ってきた大和魂は完全に腑抜けとなり、富と利便性を求め 、今さえよければ、自分さえよければの、刹那的で自己中心的な風潮が蔓延してしまったようだ。

 
 

 

 
 

 

 
 

 

戻る 上へ 進む