驚きのプーチン大統領発言

ホーム
上へ
イラン核合意破棄に向かう米国とイスラエル
活発化するハワイのキラウエア火山
さらに拡大するキラウエア噴火
拡大する世界の異常気象
米国、イラン核合意から離脱発表
イラン核合意破棄の波紋広がる
世界に衝撃!! 家族ぐるみの自爆テロ
大使館移転がもたらした悲劇
これでもかと襲う米国の自然災害
キラウエア大規模噴火
米国、またもや高等学校で銃乱射事件
イラン情勢に「火に油」を注ぐトランプ政権
米朝首脳会談中止
乱れる人心、獣と化す人間
今年もまた甚大となるかハリケーン被害
メリーランド州の被害甚大
プラスチックによる海水汚染の危機
加速する北極の氷の溶解
グアテマラ・フエゴ火山大規模噴火
フエゴ火山噴火の死者数は数百人規模に
7カ国(G7)の亀裂鮮明に
中身のない合意で終わった米朝会談
イタリア拒否の難民船、スペインに到着
孤独がもたらす肉体的障害と孤独死の実体
衰退する覇権国家・米国の末路
止むことなき米国の自然災害
また一歩危険域に踏み出したトランプ大統領
拡大し続ける米国の山火事
拡大する一方の貿易戦争
地獄と化したシリアとイエメン
ウォータークロックの到来を実感する時
米中の貿易摩擦、一段とエスカレート
世界に広がる記録的な猛暑
世界を驚かせ続けるトランプ発言
プラスチックごみ廃棄の実態
世界に広がる噴火、猛暑、洪水
中東和平に冷や水
世界的猛暑の要因は?
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 @
拡大し続ける猛暑・山火事・洪水
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 A
異例の寒波と降雪に見舞われている南米
「隠され続けてきた未知なる世界の真実」 B
Uターンする台風12号
隠され続けてきた未知なる世界の真実 C
熱波と干ばつのヨーロッパと洪水のインド
核とミサイル開発を続ける北朝鮮
貿易戦争に向かう米国と中国
止むことなき、山火事、洪水、地震
セサル氏学校訪問の報告
歴代最大規模となった米国の山火事
イエメンの惨状
縁で結ばれたサニりアート村
米国のトルコへの制裁がもたらしたものは
南アジアの洪水と地震
拡大し続ける世界の山火事
国連、ロヒンギャ迫害の調査結果を発表
厳しい避難生活に耐えるロヒンギャの人々
新興国の通貨下落始まる
中国と米国の洪水
北海道で初めての震度7の大地震発生
シリアで更なる悲劇発生か
中南米で前代未聞の地震発生
トランプ政権またもや「パレスチナ」いじめ
驚きのプーチン大統領発言
英国暗殺未遂事件の容疑者テレビに登場
北米とフィリピンを襲う大型ハリケーンと台風
米中の関税合戦さらに進む
新たな2分化が始まった米国

ロシアの元スパイの
     暗殺未遂事件について語る

 
 

 
 



「東方経済フォーラム」で、ロシアの元スパイの暗殺未遂事件
について語るプーチン大統領 (英国 BBCニュース)

 
 

ロシアのウラジオストックで開かれている国際会議「東方経済フォーラム」。 今回は習近平主席や阿部首相が参加したことから、世界の注目が集められている。 会議ではロシアと中国との親密な関係がアピールされるところとなったが、その背景にあったのはロシアに対するEUと米国の経済制裁、それに米国による中国への追加関税への反発であった。

大々的に取り上げられた今回の東方経済フォーラムの報道の中で、日本のマスコミでは全く取り上げられなかったが、私が注目したのは、英国で起きたロシアの元スパイの暗殺未遂事件に関するプーチン大統領の発言であった。

読者は既にご承知のように、英国のソルズベリーで発生したロシアの元スパイの父親とその娘の暗殺未遂事件の犯人として、英国政府はロシア政府の諜報機関に所属する二人の人物であるとして、その写真を公開。 そして、ロシアの外交官の国外撤去や経済制裁を発動し、英国だけでなくEUとロシアとの関係は一気に悪化、深刻な状態が今も続いている。

それに対してロシアは対抗措置を講じると同時に、英国政府の発表はフェイクニュースであるとして真剣に取り上げないまま今日に至っていた。 ところが、東方経済フォーラムで多くの参加者を前に、プーチン大統領は「調査をしたところ、彼らは事件とは何ら関わりがない人物であったことが判明した」と発言したのだ。

 
 

 
 


英国のソルズベリーで暗殺されそうになった元ロシアのスパイ親子

 
 

このニュースを伝えたのは英国のBBCニュースであったが、BBCはその中で、元ロシアの諜報機関であるKGBに所属していた人物がインタビュ―で語った、次のような発言を伝えていた。

「事件の背後にロシア政府が関与していた可能性はあるが、政府は実行犯が見つかることは計算外であったに違いない。 そのため、政府指導部はあくまででっち上げで、たわごとであると主張し続けているが、実体は驚きあわてている可能性は大である」

プーチン大統領の発言からすると、間もなく、民間人だとする二人の人物が公の席に登場することになるものと思われるが、それが英国政府が発表した写真に写っている人物と同一人物であるか、また、登場する人物がなにを語るか、興味津津である。 

ロシア政府は犯行に関わったとされる人物は、観光やビジネスで英国を訪問していた一般市民であったとして、事を収めようとしたいところであろうが、英国政府や世界が納得するかどうか、はなはだ疑問である。

一歩間違えば、ロシア政府やプーチン大統領に対する欧米諸国の不信感はさらに増し、両者の関係悪化は一段と増すことになるかもしれない。 もしもそうなったら、世界情勢はさらに厳しさを増すことになりそうである。 先ずは、二人の人物の登場を見守ることにしよう。 

 
 

 
 


防犯カメラに映る二人の犯人

 

 
 

 
 


英国政府が発表した犯人像

 




 

戻る 上へ 進む