静かに進む米露の対立


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険

プルトニウム処理合意破綻

 
 

 
 


2000年に行われた米露のプルトニウム解体に関する合意は事実上破棄された。

 
 

10月3日のロシアテレビは、2000年に締結された米・ロシア間のプルトニウムの処理に関する合意が破棄されたことを伝えている。

この合意事項というのは、東西冷戦が終結した2000年に、クリントン大統領とプーチン大統領が調印したもので、核兵器の解体によって生じる高濃度プルトニウムを、原子力発電に利用するMOX燃料用に処理するというものである。 その量は米・露それぞれ34万トンづつ、併せて68万トン。

この合意に沿って米ロシア双方が取り組んできていたが、ロシアは再処理のための化学燃料加工コンビナートが既に建設され、1年前から処理作業が行われており、新しい原子力発電所においてMOX燃料の利用が始まっているようである。 一方、米国は南カリフォルニアに工場を建設することで進めていたものの、2011年で作業が中止され、5年が経過した今もそのままの状態が続いている。

今回ロシアのプーチン大統領は、米国の合意事項の未実行を元に、米ロシア間の切迫した状況をかんがみて、合意事項をこれ以上実行することは出来ないと、プルトニウム処理を中止することを発表したというわけである。

これに対して、3日、米国の国務省は異を唱えると同時に、シリア停戦を巡るロシアとの協力関係を中断すると発表。 その結果、シリア内戦の停戦協定は完全に破棄され、米・ロシア間の関係悪化も一段とエスカレートするところなった。

ロシア政府は今回の大統領令を撤回するためには、次の2点が必要だとしている。

@ 米国が東ヨーロッパ諸国に配置したロケット砲など軍事施設を直ちに撤去すること。
 (「ロシアミサイル配備に反発」を参照)
A ウクライナ紛争によって出されたロシアに対する一連の制裁を解除し、制裁によってロシア
  が被った損失を補填する。 

このロシアが要求する2点を米国が実行するのは、現段階ではとうてい無理であること明らか。  それだけに、両国における高濃度プルトニウムのMOX燃料化は、完全にストップ状態が続くことになりそうである。
 

 

 
 


ロシアでは1年前からプルトニウムのMOXへの処理が始まっている〈ロシアテレビ)
 

 
 

 
 


米国では処理施設の工場建設が5年にストップしたままだ〈ロシアテレビ)

 
 

現実化して来た「ハルマゲドン」の脅威

 
 

 
 


米露共に、第3次世界大戦に向けて核の準備を進めていることは
間違いない 昨今の世界情勢を見ていると、核を使うハルマゲドン
〈世界最終戦争)が次第に現実化してきているように思えてくる。

 
 

私がロシアテレビで報道された、今回のプルトニウムの処理に関する合意事項破棄のニュースを目にして、いやな予感がしたのは、ロシア非常事態省が緊急時の避難のためにモスクワの地下に設計されたシェルターが完成し、モスクワ市の住民の 100%を収容することができる状態となったことを発表したという、ロシア RIA通信社のニュースを見た後であったからである。

モスクワという大都市の市民全員を避難させることのできる地下シェルターなど、これまでに聞いたことがないだけに、このニュースは驚きであった。 ロシアに関するこの種のニュース、例えば「第三次世界大戦の準備をしている」というようなたぐいの話は、インターネット上の世界ではこの何年ものあいだ飛び交っていたが、そのほとんどが憶測や陰謀論的なものであった。

しかし、今回の地下都市完成のニュースは、EMERCOM(ロシア民間防衛問題・非常事態・自然災害復旧省)の長官補佐であるアンドレイ・ミスチェンコ氏が、ロシア RIA 通信社に対して行ったものであっただけに、いい加減な話ではないことは確かだ。

米宇宙企業スペースXの謎の爆発事故の際に、近くをUFOらしきものが飛行していたことを伝えた、「無人ロケット「ファルコン9」が謎の爆発」などの記事と併せて考えると、我々の知らない世界で、第3次世界大戦〈ハルマゲドン〉に向かって、事態 は日に日に進んでいるのではないかと、不安になってくる。 今も続くシリアの内戦やイラクにおけるIS(イスラム国)との戦闘が、目先を誤魔化す手段の一つに利用されているとなると、気がついたときには既に遅しとなっているかもしれない。

 




 

戻る 上へ 進む