猛威を振るう自然災害


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険

1ヶ月ぶりの秋空

 
 

 
 


久しぶりに見る甲斐駒ヶ岳と霊峰富士 〈クリックで拡大)
 

 

 

今朝は久しぶりの青空。 我が家から甲斐駒、富士、八ヶ岳の全貌を見ることが出来たのは1ヶ月ぶり。  青空の中に筋雲やウロコ雲が浮かぶ爽やかな秋空は、長い間姿を見せず、雨と曇り空の毎日。 6月の梅雨空でもこれほど陽の射さない1ヶ月はあまり記憶にないほどだ。 それにして最近の気象はなんともはや驚きの連続である。

この1ヶ月、台風関連のニュースの連続で、日々の気温も異常続き。 本日は甲府では30度を超し、八ヶ岳山麓でも27度が予想されており、これでは真夏日だ。 この調子だと紅葉はまだまだ先で、このまま寒暖の差が出ないまま月末に向かうと、、山麓を彩る艶やかな風景は、あまり期待できないかもしれない。 

それにしても今回の台風18号の勢力は凄かった。 905ヘクトパスカルという気圧の低さや60メートル/秒を越す最大風速は久しぶり。 幸いにも沖縄本島を外れ、九州にも上陸せず日本海を抜ける間に勢力が弱まってくれたから助かったが、まともに沖縄や九州に上陸していたら記録的な被害が出たに違いない。

北寄りに抜けてくれたお陰で、我が国は大事に至らなかったが、その分韓国南部では希に見る被害に見舞われたようである。 下の写真でその被害の様子を見ると、強い勢力のまま沖縄や九州を直撃していた際の惨状が目に浮かぶようだ。 天の采配に感謝、感謝である。

 
 

 
 


 

 
 

 
 


 

 
 

 
 


韓国南部の惨状。 
これほどの光景は我が国ではあまり見ることがない。 しかし、明日は我が身である。

 
 

一方、カリブ海では記録的な巨大ハリケーン「マシュー」が発生し、ジャマイカ、キュウーバ、ハイチを襲撃し、米国南部のマイアミに向かっている。 63メートルの強風と1000ミリを超す豪雨に見舞われたジャマイカやハイチでは、一部の町が壊滅状態になっている。 中でも数年前に巨大地震に見舞われ未だに復旧が進まないハイチでは、今回の大洪水で地獄と化しているようである。

現在、ハリケーン・マシューは5段階中4段目の勢力を保ったまま、北上しており、週末にかけフロリダ州やノースカロライナ州に上陸することになりそうである。 何百万人が被災する可能性が強く、両州の知事は非常事態を宣言しており、オバマ大統領も早めの避難を呼びかけている。 その結果、昨日から始まった大規模な避難でガソリンスタンドは大混乱、高速道路も大渋滞となっている。  

ガソリンが手に入らない住民は自宅待機となり、スーパーで食料を買いあさっている。 町では空になったスーパーの棚と、ガソリンを給油しようとする車の列が対照的な姿を見せている。 恐らく明日からは、フロリダやノースカロライナの惨状がトップニュースで映り出されることだろう。 一方、西のカリフォルニア州では相変わらず干ばつと山火事が発生し続けており、こうした状況は一向に回復しそうにない。

これから先に発生する自然災害は、世界のどこで発生するものでもみな記録的な規模となり、被害額はかってないほどの大きさになってくることだろう。 天に守られている我が国でも、油断は禁物、明日は我が身となることを、ゆめゆめ忘れないことである。

 
 

 
 

 

 
 

 
 


ハリケーン・マシューが到来したハイチ

 

 

 




 

戻る 上へ 進む