アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険
読者へのメッセージ(2)
拡大するアジアの危機

地獄と化した街を後にする人々

 
 

 
 


完膚無きまでに破壊され尽くされたアレッポ東部の街 (イギリスBBC)

 
 
 

 
 


14日未明から始まったアレッポ市民の避難。 生き延びるのが精一杯で手荷物はわずかだ。

 
 

イギリスやフランスなど世界のメディアは昨夜からのニュースで一斉に、シリアのアレッポ東部における戦闘が休戦状態となり、多くの市民や反政府勢力の兵士がアレッポを離れ始めていることを伝えている。 ロシアやトルコなどの仲介を受けてアサド政府が休戦に応じたからである。

空爆やロケット砲による爆撃から逃れようとする市民は、これまで反政府軍の盾として利用され、町から離れることが出来ずにいた。 先月からの政府軍による総攻撃で反政府軍は次々と拠点を失い、もはや抵抗する力を失い白旗を掲げることとなった。 その結果、14日早朝から停戦が実現し、市民が街を離れ反政府軍の戦闘員も西部のイドリブなどに移動を始めたのだ。

これで、4年ほど前から始まったアレッポの戦闘は、アサド政府軍の勝利で終結するところとなったわけだが、これは即、アサド政権を支援してきたロシア、イラン、ヒズボラ、レバノンのシーア派はなどの連合組織の、欧米諸国やサウジアラビアを中心とした中東の同盟国に対する勝利でもあった。 

それはまた、ずるがしこいプーチン大統領が、アメリカの大統領の交代期という政府や軍部が動きづらいチャンスを狙って行った本格的な参戦の勝利でもあった。 オバマ米国政府のプーチン政権に対する完全な敗北である。

世界情勢が刻々と悪化する中、トランプ政権に対する景気回復期待から、株価が史上最高値を更新し続ける狂気の米国を見ていると、大統領が誰に替わろうと、米国はもはや世界の覇権国家の地位を失い、衰退に向かうことは間違いなさそうである。

今回の勝利によってアサド政権は最終的な勝利に向けて大きく一歩を踏み出したことは確かだが、シリアの内戦がこれから先、まだ続くことには変わりはない。 戦いが下火になった地域もあるが、激しさを増している地域もあり、一気に内戦終結に向かうことは難しく、さらにIS(イスラム国)などの過激派との戦いの終結も当分望めそうもないからである。

アレッポとてまだ反政府軍の一部の戦闘員は残り、最後の抵抗を続けることになりそうだ。 なにより気になるのは、ここ数日の空爆や爆撃で完膚無きまでに破壊され、瓦礫の中に閉じ込められたままの数百人の市民たちの生死である。 その中には多くの女性や子供たちも含まれているようだ。

今はNGOなどによる一切の支援活動が行われない状況となっているようなので、息を引き取る人々が次々と出ているに違いない。 シリア最大の都市で金融や工業の中心都市であったアレッポの街は、今まさに地獄の街と化しているのだ。 我々はこれから先も、悲惨な状況を目にしながら、国際社会の無力さを感じる日々が続くことになりそうであるが、これが終末を迎えようとしている地球という惑星の現実である限り、目をそらしてはならないのだ。

 
 

 
 


完膚無きままに破壊され尽くされたアレッポの街 (フランスF2)
 

 
 

 
 


地獄と化した街からようやく逃げ延びることが出来た人々。
 

 
 

 
 


しかし彼らを待っている先も、また地獄に変わりはない。
 

 
 

 
 


疲れ切った子供たちを手押し車に載せ避難する父親

 




 

戻る 上へ 進む