世界を駈ける衝撃的ニュース


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険
読者へのメッセージ(2)

ドイツでトラック突入テロ

 
 

 
 


首都ベルリンの事故現場 (AFP時事)

 
 

今朝、早朝から世界を駆け巡ったニュースは、またまた悲惨な襲撃事件。 事件の起きたのは 19日夜、場所はドイツの首都ベルリン。 クリスマス用品が並んだ遊歩道のマーケットには、地元の人だけでなく多くの観光客が訪れ賑わっていた。 そこにトラックが飛び込み次々と人々をひき殺し、少なくとも12人が死亡、48人の重軽傷者が発生。

警察当局は「テロ攻撃だったかどうかを特定するため、捜査を行っている」と説明。 トマス・デメジエール内相は公共テレビに対し、「攻撃という言葉はまだ使いたくないが、そうであることを示す証拠が多数ある」と述べている。

トラックによる殺傷事件と言えば、フランスで7月に発生した80人が死亡したテロ事件を思い出す。 AFPニュースは、トラックの運転手とみられる人物が身柄を拘束され、同乗者1人の死亡が確認されたことを伝えている。 しかし、運転手が警察官によって射殺されたという情報もあり、確かなことは分からないが、テロ行為であった可能性は強いようだ。

 

トルコ駐留のロシア大使射殺される

 
 

 
 


「アレッポを忘れるな!」と叫びながら銃撃する警察官。

 
 

同じ19日、トルコからもまた驚くべきニュースが伝えられた。 トルコに駐在するロシア大使がセレモニーに参加中、トルコ警察の特殊部隊に所属する警察官によって射殺。 警察官は警備役として大使のすぐ後ろに待機している最中に、「アレッポを忘れるな、シリアを忘れるな!」と叫びながら犯行に及んだようである。

ロシア政府がアサド政権を支持する一方、トルコは反政府勢力を支持しており、トルコ国民の多くはアサド政権に批判的である。 恐らく、犯人はこのところの、シリア軍のアレッポへの攻撃を支持するロシア政権に対して、強い憎しみを持っていたものと思われる。

先般、アレッポの休戦で市民の避難が行われたのは、ロシアとトルコ両政府の合意によるものであった。 EU(欧州連合)と米国の影が薄くなってきている今、シリア内戦の休戦等を決められるのは、もはやロシアとトルコ両政府に頼らざるを得ない状況となっている。 

それだけに、両国の対立を強める可能性が強い今回の大使射殺事件は、これから先のシリア内戦の先行きを一段と厳しくすることになりそうである。

 
 

 
 


緊急ミーティングを行うロシア首脳。
プーチン大統領にとっても、今回の大使射殺事件は痛手であったことだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 




 

戻る 上へ 進む