米国で奇妙な航空機トラブル


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険

被害者が乗務員だけとはなぜか?

 
 

 
 


毒ガス発生と思われる不測の事態が発生したブリテッシュ航空機

 
 

 今朝の米国ABCテレビは奇妙なニュースを伝えていた。 サンフランシスコからロンドンに向かっていた航空機のパイロットや乗務員が発着から2時間ほどして相次いで体調不良を訴え、カナダのバンクーバー空港に緊急着陸するという事態が発生したのだ。

何が奇妙かというと、気分が悪くなったのはパイロットや乗務員だけで、乗客の中に体調を崩した方は一人も出ていない点である。 ブリテッシュ航空の発表によると、機内に毒性のガスのような煙が発生し、それを吸い込んだために乗務員が気分を悪くしたということのようで、乗務員の内3名が失神したという乗客の証言も伝えられている。

コクピットの中だけならパイロットなど特定の乗務員だけが被害に遭うということはあり得るが、乗客の接客にたずさわっていた乗務員全員が被害に遭っている点を考えると、客室の中にも煙が広がっていたことになる。 しかし、乗客は一人も被害に遭っていないのだ。

何か不可思議な事態が発生したと考えざるを得ない。ABCニュースもミステリーな事故だと報じている。 なにしろ、航空機が世界最大のエアバス380便であることを考えると、毒ガスと思われる煙がもう少し広がっていたら、大変な事態になっていたことは確かである。 

以前から、米国では航空機や列車など交通機関において、大型の事故が発生する可能性が高いことを記して来ていたが、今回のこの奇妙な事故は、これから発生することが予想されている、航空機の大規模事故の予兆のような気がしてならない。 これから先、海外、特に米国へ無用な渡航は避けるに越したことはないようだ。

 

 

 
 

 
 


カナダのバンクバーに緊急着陸したエアバス380便

 
 

 

 
 

 




 

戻る 上へ 進む