深まるトルコとEUの亀裂


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険
読者へのメッセージ(2)

EU議会の決議にトルコが猛反発

 
 

 
 


トルコとEUの亀裂が一段と進んできている

 
 

先日「気になるトルコとEUとの関係」トルコとドイツとの関係が悪化してきており、これから先、さらにそうした流れがトルコとEUとの関係にも広がる可能性が大きいことをお伝えしたばかりであるが、その懸念がまた一歩深まるところとなった。

24日に開かれたEU議会において、7月のトルコのクーデター未遂事件以来、強権的な姿勢を強めるトルコ政府とのEU加盟交渉の凍結を、加盟各国に求める決議が採択されたからだ。 EUはこれまで、トルコのEU加盟に前向きな姿勢で交渉を進めてきていた。 それは難民・移民問題でトルコの協力が必要であったからである。

どうやらEUは方向転換を始めたようである。 こうしたEU議会の動きに対して、早速トルコ政府は強い反発を始めた。 エルドアン大統領は25日、EUが更なる動きに出るようなら国境を開放すると警告し、難民や移民のヨーロッパへの流入を抑えるためのEUとの協定を破棄すると発言したのだ。

現在、トルコ国内には300万人の難民がおり、世界最大規模の受け入れ国になっている。 この事実はトルコ政府にとってEUに対する強力な「外交上の武器」となっている。 ギリシャとの国境を開放したなら、滞在中の難民は一気にヨーロッパに向かって移動を開始することになるからである。 こうした事態はいまEU各国が一番恐れていることである。

 
 

         

 
 


トルコとEUの亀裂が深まれば、我々は再びヨーロッパへと向かう
悲惨な難民の姿を見ることになるかもしれない。 (フランスF2)

 
 

今回のエルドアン大統領の発言は、その「外交的武器」の存在を改めてちらつかせ、国境封鎖に対するEUからの見返りの30億ユーロ(3450億円)失うことがあっても、トルコ政府はその武器を使う用意があることを明らかにしたわけである。

トルコとEU諸国との対立は単に移民・難民問題に留まらず、世界情勢を一段と深刻化させる可能性が大きい。 それは、トルコがNATO(北大西洋条約機構)の加盟国であるからである。 両者の関係悪化は「欧米対ロシア・中国」の対立を産み、世界大戦に向かって一歩を踏み出すきっかけとなることは前回記した通りである。

それだけでなく、現在、中東諸国を混乱に陥れているIS(イスラム国)の掃討作戦を難しくすることにもなりそうである。 トルコ軍がシリアのIS拠点への空爆に参加しているだけでなく、NATOの加盟国として、米国を中心とした有志連合のIS掃討作戦に、トルコ内の空軍基地を提供しているからである。

来月開かれるEU首脳会議で、どのような議論が展開されるのか、注目しておく必要がありそうだ。

 

中東に混乱をもたらすイスラエルの山火事
 

 

 
 


大規模な山火事で民家も焼失 (カタール・アルジャジーラ)

 


このところ、イスラエルは異常な干ばつに見舞われているが、そうした状況下、先日から各地で大規模な山火事が発生し今もなお消火活動が続いている。 山火事はエルサレム近郊の都市部にも広がり家屋が焼失するなどして6万人の住民が避難、また、煙を吸って100人ほどが病院に運ばれる事態となっている。

問題は、今回の一連の山火事が中東情勢に新たな危機をもたらすことになりそうな点である。 なにゆえかというと、イスラエル政府は山火事の多くが放火であるとして、その背後にイスラエルに対して敵対心を持つパレスチナ人が関与していると考えているからである。

カタール・アルジャジーラは、ネタニヤフ首相が「火事の原因はテロ行為で、関与した者には厳格な罰を与える」と述べたことを伝えている。 ユダヤ財閥やユダヤ系米国組織を動かしてトランプ氏を当選させ、イランとの核協定を破棄させようと目論んでいるネタニヤフ政府は、これから先、天からの警告を無視し、 武力をもってパレスチナ人を更に苦しめるようなら、自らが大きな天罰を受けることになるかもしれない。 

 

 

 
 


今回の山火事は世界情勢の悪化に新たな火種となるかもしれない
 中東の火種は尽きることがないようだ。 (breakingisraelnews.com)

 
 

 




 

戻る 上へ 進む