シリア内戦終結への協議始まる


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険
読者へのメッセージ(2)
拡大するアジアの危機

ロシア主導、トルコとイラン参加

 
 

 
 


シリア内戦の終結に向かって動き始めたロシアとトルコ、イラン

今回の3ヶ国の停戦協議は私がかねてから言ってきたように、トルコが
今後の世界情勢の動きを握るキーマンであることを示すものとなった。

 
 

20日、モスクワでロシアとイラン、トルコ 3ヶ国の外相と国防相による会議が行われた。 議題はシリアの内戦終結に向けての話し合いであった。 前日に、トルコ駐在のロシア大使がトルコの警察官によって殺害された直後だけに、そのタイミングに驚かされた。

世界はロシアとトルコとの関係悪化が進むのではないかと懸念し、伝えられた情報の中には、犯行の裏にはロシアとトルコとの亀裂を狙う米国・CIA(中央情報局)の働きかけの噂もあっただけに、欧米のマスコミは皆驚きを隠せなかったようだ。

ロシアとイランはアサド政権を支持する一方で、トルコは反政府勢力を支援して来ていたことは、読者もご承知の通りである。 それゆえ、ロシアとトルコはシリア政策を巡って長い間対立して来ていたわけである。 ところが、EUとトルコ、EUとロシアとの関係がぎくしゃくし始めた頃から、両国は急速に接近。 先日から突如始まったアレッポの休戦を実現し、市民の避難が無事終了しようとしているわけである。

どうやら、こうした両国の接近の流れは、今回のトルコ大使殺害事件でも妨げられることはなかったようである。 むしろこれを契機とばかり、プーチン大統領はトルコとの関係強化を図り、シリアに影響力を持つイランを誘い込んで、アサド政権に有利な形での内戦終結に向けて、一気に動き始めたようである。

アレッポの市民と反政府勢力部隊の避難は、22日でほぼ完了することになりそうなので、これで、内戦の最重要拠点であったアレッポは、完全に政府軍の指揮下におかれることとなり、内戦の形勢は明らかに政府軍有利となった。 

 
 

 
 


着の身着のままで故郷アレッポの街を後にする避難民。

 
 

今回の3国の外相・国防相会議は、まさにそのタイミングを狙って行われたわけで、プーチンの絶妙な戦略が功を奏したというわけだ。 3ヶ国の外相・国防相会議の後、ロシアのラブロフ外相は「これから先3ヶ国が仲介役となって、アサド政権と反政府勢力との直接対話を目指すこととなった」と発表。 これでは、シリア内戦終結に関しては、米国もEUも余計な口出しをするなよと、言われたも同然である。

ドイツのZDFテレビは、和平交渉が遅くとも2月はじめまでにカザフスタンで始まることになりそうだ、と伝えている。 それにしても、米国の政権交代による政治の空白期間と、イギリスの離脱問題と難民・移民問題で、EU(欧州連合)の動きが止まったこの時期を狙った敏速なロシアの動きは、見事としか言いようがない。 さすがは怪僧プーチンである。

1月に大統領に就任するトランプ氏もシリア内戦からは手を引こうと考えており、ロシアとの接近を優先する考えのようなので、多少の紆余曲折はあるだろうが、6年間にわたって続いてきたシリア内戦は、ようやく終結に向かって動き出すことになりそうだ。 

しかしながら、命からがら地獄と化したアレッポからやっとの思いで避難したものの、十分な避難施設が用意されているわけではないので、難民たちはこれから先も、夜になると氷点下の中、羽織るコートもない厳しい状況が続きそうである。 彼らが一刻も早く地獄の苦しみから救われることが出来るよう、今はただ、国際社会からの暖かい支援が寄せられることを願うのみだ。

 
 

 
 


こうした子供たちの姿を目にすると、内戦終結が一日も早いことを願わずにはおられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 




 

戻る 上へ 進む