揺れる欧州


ホーム
上へ
米国・大統領選討論会の裏話
静かに進む米露の対立
猛威を振るう自然災害
巨大ハリケーン・マシュー
国連特使、シリア内戦で異例な発言
さらに遠のいた「和平への道」
奇跡のワンカット
発生し続ける巨大台風
一歩踏み出したシリア・イラク情勢
憑依現象の恐ろしさ
PERU学校建設の報告 A
米国で奇妙な航空機トラブル
米国で今度は地下鉄事故
ドゥテルテ大統領の奇妙な記者会見
嵐の前の静けさ
広がる第3次世界大戦の風聞
知られざる中国社会の実体 @
世界を驚かせたトランプ氏の勝利
ニュージーランドで大地震
寒気の北欧と暖かな米国
シリア内戦・ロシア軍参戦本格化
気になるトルコとEUとの関係悪化
福島沖合でM7・4の地震発生
54年ぶりの11月の降雪
深まるトルコとEUの亀裂
修羅場を迎えたシリア内戦
読者へのメッセージ
近づく経済破綻の背景 @
近づく経済破綻の背景 A
揺れる欧州
近づく経済破綻の背景 B
尋常でなくなって来た世界の気候
4ヶ国で相次ぐ同時爆弾テロ
アレッポの戦闘、アサド政府軍勝利
中国・農民族の悲惨な実体
中国から農民が消える!
自滅に向かう中国
世界を駈ける衝撃的ニュース
シリア内戦終結への協議始まる
国連でイスラエルに対する非難決議採択
トランプ次期大統領のもたらす危険
読者へのメッセージ(2)
拡大するアジアの危機

既存政治への不満爆発。イタリアの首相辞任

 
 

 
 


イタリアのレンツィ首相は、4日に実施された国民投票で、自身が
提唱した憲法改正案が否決されたことを受け、辞意を表明。 (ロイター)

 

 
 

欧州に新たな動揺が広がっている。 イタリアで4日投開票された憲法改正に関する国民投票で、レンツィ首相(41)の提案した憲法改正案が否決され、首相が辞意を表明することとなったからである。 反対を率いてきた人物が、 もともとお笑い芸人だった反ユーロ掲げる「五つ星運動」の代表・べッぺ・グリッロ氏であったことも、世界を驚かせている。 

上院の権限を縮小するなど、政府の権限強化を目指す改憲案は、当初、賛成派が勝利するものと思われていた。 ところが、途中でレンツィ首相がもしも改憲案が否決されるようなら、自分は辞任すると発言したことから、今回の投票がレンツィ首相に対する 信任投票と化した結果、様相が一変し反対派が急増。 最終的に59対 41の反対多数で否決されるところとなったのである。

なにゆえ、首相の発言を受けて状況が一変したかというと、レンツィ首相は悪化している財政状況を立て直すため、緊縮財政を積極的に行って来ていた だけに、このまま憲法改正案が可決されれば、首相の権限が強化されて緊縮策や銀行救済がさらに進められ、生活がおびやかされることになるのでは 、と考える人々が低所得層を中心に急増したからである。

レンツィ首相の辞任により、しばらくは与党の暫定政府が政権を引き継ぐのではないかと思われているようだが、2018年に予定されている総選挙が来年早々に前倒しされ て、 反ユーロを掲げる「五つ星運動」が政権を握る可能性もありそうだ。

いずれにしろ懸念されるのは、財政緊縮策が否定されたことにより、次なる政権がEU の求める緊縮策を推し進めることが難しくなるだけに、記録的な財政赤字に陥っているイタリアの国家財政が破綻することにならないか、また金融機関に対する支援が滞り、数千億円の不良債権を抱えた銀行の倒産が連鎖的に発生することにならないかという点が心配である。

 
 

 
 


べッぺ・グリッロ氏は政権に就く用意があることを表明。 
即時に選挙を実施するべきであると主張。 (ロイター)

 
 

一方、同日行われたオーストリアの大統領選は、ヨーロッパで初めての右翼の大統領誕生かと注目されていたが、戦争に繋がりかねない右翼化が懸念され、右翼・自由党のノルベルト・オファー氏の当選はならなかった。 

しかし、開票結果は 51対48とほぼ互角の接戦で、オーストリアにおいても、既成政治に対する批判の大きさがうかがえる選挙結果となった。  これで、イタリアもオーストリアも英国や米国と同様、国が2分され更なる混乱状態に陥ることは必定だ。

EUでは来年、フランスの大統領選挙やドイツやオランダの議会選挙が行われる。 今回のイタリアとオーストリアの投票結果は既成政党に対する失望感や反EU、反難民、反緊縮策の声が想像以上に大きくなっていることを示しているだけに、来年のフランスなどの選挙結果次第では、EU(欧州連合)は英国の離脱以上の深手を負うことになりそうである。

個人においても政党などの組織や集団においても、それぞれその「素」が表面化してきている。そのため、国民が政治や政治家の本当の姿を知るところとなり、口先だけで何も変えられない既存の政治家や政府に対する強い反発が爆発的に表面化して来ているのだ。 

こうして、米大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利(11月)などで浮き彫りになった、既成政治に対する批判の高まりが、イタリア とオーストリアの投票結果にもはっきりと表れたのである。 いずれにしろ、これから先 、ヨーロッパだけでなく世界全体の政治情勢が不透明さを増して来ることだけは確かなようである。

 

 

 
 


経済規模でEU(欧州連合)を代表するドイツ、フランス、イタリアの
3人の首脳の笑みは二度と見ることが出来なくなってしまった。フランスの
オランド大統領は来年の大統領選への出馬をあきらめ、イタリアのレンツィ首相が
辞任した今、残されたのはドイツのメルケル首相だけとなってしまった。

 

 
 

 

 
 

 

 
 

 




 

戻る 上へ 進む