中東に新たな危機


ホーム
上へ
謹賀新年
ミニ講演会のお知らせ
北極圏で異常気象
波乱の幕開け・世界の株式市場
中東に新たな危機
天候一変、モスクワに寒波と雪
北朝鮮・水爆実験か?
銃大国アメリカの苦悩
中国株式市場の実態
シリア国内の困窮者たち
ドナルド・トランプ氏の重大発言
シリアのマダヤに救援物資届く
一寸先は闇の世界情勢
止まらない株価の下落
各地で降雪
一極集中化する世界の富
ロシア将校殺害に関する報告書
米国を襲う大型暴風雪
暖冬から一転、異常な寒気へ
米英のプーチン攻撃
日銀・マイナス金利導入
前途多難のシリア和平協議
『謎多き惑星地球』 再出版のお知らせ
イスラエルの未来に暗雲
シリア和平協議中断後の行方
インドネシア高速鉄道建設、早くも頓挫
マイナス金利が導いた株安
一人っ子政策が産んだ社会のひずみ
北極圏に建造された種子貯蔵庫
シリア・遠のく内戦終結
年金資金による株価急騰劇
核廃棄物保管施設
原油価格暴落の真相
原油価格下落の行方
カブレラストーン展終了のご案内
正念場を迎えた中国
限界に迫る難民問題 @
難民問題・最後の鍵を握るトルコ
PERU・学校建設のご案内
不安定化に向かうトルコとドイツ
季節外れの雪景色
ロシア軍シリアから撤収の真相
PERU学校支援・緊急お知らせ
どうなる難民たちの行方
EU首脳会議で難民問題合意
PERU学校支援のお知らせ
続く世界の異常気象
ベルギーで連続テロ
ウォータークロックがもたらす干ばつと飢餓
常軌を逸した中国政府と中国人
PERU学校建設の決算報告
世界各地に出現する不思議な雲

サウジアラビアとイラン国交断絶

 
 

 
 


中東の大国サウジアラビアとイランの対決が始まった。
中東情勢を理解するために、クリックして拡大図を参考にして下さい。
 

 
 

 
 


イランとの外交関係断絶を発表。 外交団に48時間以内の退去求めた。

 
 

政府軍と反政府軍、さらには過激派組織IS(イスラム国)とアルカイーダが入り交じった戦いが続く中東。 市民はまさに地獄絵の中で暮らしており、日に日に死者 と難民の数は増える一方である。 こうした悲惨な状況下、緊張緩和が求められる中で逆に緊張を加速する新たな動きが始まってしまった。  まさに恐れていたことである。

サウジアラビアでイスラム教シーア派の指導者ニムル師に対し、国王に逆らい宗派対立を先導した罪で死刑が執行され、周辺地域の緊張が高まるところとなった。 早速、シーア派が多数を占めるイランでは、最高指導者ハメネイ師が、「ニムル師の死刑執行はサウジアラビアの政治的な誤りで、神は決して見過ごさない」と 強く反発。

街では抗議する集会やデモが行われ、暴徒化した人々がサウジアラビア大使館を襲撃、放火する事態が発生した。 抗議デモ やスンニ派のモスクに対する襲撃事件は、イランだけでなくシーア派の多いイラクやバーレーンでも行われ、周辺各地に拡大して来ている。 

これに対して、サウジアラビアのジュベイル外相は 早々にイランとの外交関係断絶を発表、外交団に対して48時間以内に退去することを求めた。  また同日、サウジアラビアと同様スンニ派の王族が支配するバーレーン政府 や、スンニ派が多数を占めるスーダンもイランとの外交断絶を発表。 さらにUAE(アラブ首長国)も厳しい措置を発表している。

シリア、イラクだけでなくリビアやイエメンなどの内戦の裏には、スンニ派対シーア派の対立が見え隠れしていただけに、ペルシャ湾岸の二つの大国サウジアラビアとイランの対立はシリアやイラクだけでなく、 今月にも始まるシリアの和平交渉、さらにはイエメンやリビアの和平協議にも影響が広がる可能性があり、中東情勢はこれから先、さらに厳しい状況に突入することになりそうである。

こうした中東諸国の対立をなにより喜んでいるのはイスラエル。 イスラエルはイランの核武装化に強い懸念を抱いているだけに、欧米諸国との核開発協議が 妥結し、再び国際社会に復帰しようとしているイランに対して、何らかの武力行使を行うことになる可能性は決して小さくない。 

中東で宗派間対立が増せば増すほど、もしもそうした事態が起きたとしても、サウジアラビアなどスンニ派諸国は傍観することとなるのではなかろうか。  さらに心配な点は、イランだけでなくイスラエルによるパレスティナ市民に対する武力行使も再開されることになるかもしれない点だ。 予想していた通り、ますます中東情勢からは目が離せなくなって来たようである。

 
 

 
 


イランのハメネイ師がサウジアラビアに抗議。
 

 
 

 
 


首都テヘランでは抗議運動が広がっている
 

 
 

 
 


多くのシーア派教徒がニムル師のプラカードを手に、死刑執行に抗議。
 

 
 

 
 


暴徒化したデモ隊によってサウジアラビアの大使館が焼かれた。

 


 

 




 

戻る 上へ 進む