不安定化に向かうトルコとドイツ


ホーム
上へ
謹賀新年
ミニ講演会のお知らせ
北極圏で異常気象
波乱の幕開け・世界の株式市場
中東に新たな危機
天候一変、モスクワに寒波と雪
北朝鮮・水爆実験か?
銃大国アメリカの苦悩
中国株式市場の実態
シリア国内の困窮者たち
ドナルド・トランプ氏の重大発言
シリアのマダヤに救援物資届く
一寸先は闇の世界情勢
止まらない株価の下落
各地で降雪
一極集中化する世界の富
ロシア将校殺害に関する報告書
米国を襲う大型暴風雪
暖冬から一転、異常な寒気へ
米英のプーチン攻撃
日銀・マイナス金利導入
前途多難のシリア和平協議
『謎多き惑星地球』 再出版のお知らせ
イスラエルの未来に暗雲
シリア和平協議中断後の行方
インドネシア高速鉄道建設、早くも頓挫
マイナス金利が導いた株安
一人っ子政策が産んだ社会のひずみ
北極圏に建造された種子貯蔵庫
シリア・遠のく内戦終結
年金資金による株価急騰劇
核廃棄物保管施設
原油価格暴落の真相
原油価格下落の行方
カブレラストーン展終了のご案内
正念場を迎えた中国
限界に迫る難民問題 @
難民問題・最後の鍵を握るトルコ
PERU・学校建設のご案内
不安定化に向かうトルコとドイツ
季節外れの雪景色
ロシア軍シリアから撤収の真相
PERU学校支援・緊急お知らせ
どうなる難民たちの行方
EU首脳会議で難民問題合意
PERU学校支援のお知らせ
続く世界の異常気象
ベルギーで連続テロ
ウォータークロックがもたらす干ばつと飢餓
常軌を逸した中国政府と中国人
PERU学校建設の決算報告
世界各地に出現する不思議な雲

トルコでまた大規模爆弾テロ

 
 

 
 


事件現場はまるで戦場のような悲惨な状況と化している
 

 
 

 
 


今度の事件を含めて、この5ヶ月だけで、アンカラで3件、他で2件のテロが発生

 
 

トルコで案じていた通りのテロ事件が発生した。 首都アンカラの中心街で13日夕方、車に仕掛けられた爆弾が爆発し37名の死者と100人を超す負傷者が出る大 規模自爆テロ事件が発生。 事故現場は多くの人々が訪れる商業地区で、政府庁舎やオフィス街もあるため、バスや自動車が炎上する現場一帯は大混乱状態となった、

昨年10月のIS(イスラム国)による自爆テロによって100名を越す死者が発生した以降、今年に入ってからもテロは相次ぎ、2月には 今回の爆撃場所から1・5キロの場所で、シリアのクルド系過激派によるテロで、29名の死者が出たばかりである。 

前回触れたように、トルコはこれから先の難民問題やシリア情勢の行方の鍵を握っているだけに、こうしたトルコの混乱は、中東やヨーロッパ情勢の先行きを一段と暗くすることになり、市民の間からだけでなく、ヨーロッパ各国からもトルコ政府に首都の治安維持の力があるのかと、疑問と不安の声が上がっている。

 
 

 
 

 

 
 

ドイツ、地方選挙で与党敗北


ドイツで行われた地方選挙で、メルケル首相率いる保守連合や既存の政党が揃って多くの票を失う一方、これまで注目を集めることのなかった小さな野党・AFPや右翼系政党が躍進する結果となった。

今回の選挙は16州の内の3つの州の地方選挙に過ぎなかったが、世界から注目が向けられたのは、メルケル首相がこれまでに行って来た難民問題に対して、初めての民意を問う選挙であったからである。 反メルケルと反移民を掲げたAFPが大躍進したことは、保守連合が行って来た難民受け入れ政策に対する反発が、想像以上に大きいことを示しており、これから先、メルケル首相もこうした国民の意向を無視できなくなって来そうである。

どうやら来年行われる総選挙では、他のEU(欧州連合)諸国同様、ドイツもまた難民受け入れについて国を2分する論議が展開されるところとなりそうである。 先ずは17日から始まるEUの首脳会議において、メルケル首相が難民問題をどのように導いていくのか注目されるところである。 

今日からスイスのジュネーブで再開されるシリア和平協議の行方と共に、人道問題から政治問題へと化しつつある難民問題からも、いよいよ目が離せなくなって来たようである。

 
 

 
 

 

 




 

戻る 上へ 進む