常軌を逸した中国政府と中国人


ホーム
上へ
謹賀新年
ミニ講演会のお知らせ
北極圏で異常気象
波乱の幕開け・世界の株式市場
中東に新たな危機
天候一変、モスクワに寒波と雪
北朝鮮・水爆実験か?
銃大国アメリカの苦悩
中国株式市場の実態
シリア国内の困窮者たち
ドナルド・トランプ氏の重大発言
シリアのマダヤに救援物資届く
一寸先は闇の世界情勢
止まらない株価の下落
各地で降雪
一極集中化する世界の富
ロシア将校殺害に関する報告書
米国を襲う大型暴風雪
暖冬から一転、異常な寒気へ
米英のプーチン攻撃
日銀・マイナス金利導入
前途多難のシリア和平協議
『謎多き惑星地球』 再出版のお知らせ
イスラエルの未来に暗雲
シリア和平協議中断後の行方
インドネシア高速鉄道建設、早くも頓挫
マイナス金利が導いた株安
一人っ子政策が産んだ社会のひずみ
北極圏に建造された種子貯蔵庫
シリア・遠のく内戦終結
年金資金による株価急騰劇
核廃棄物保管施設
原油価格暴落の真相
原油価格下落の行方
カブレラストーン展終了のご案内
正念場を迎えた中国
限界に迫る難民問題 @
難民問題・最後の鍵を握るトルコ
PERU・学校建設のご案内
不安定化に向かうトルコとドイツ
季節外れの雪景色
ロシア軍シリアから撤収の真相
PERU学校支援・緊急お知らせ
どうなる難民たちの行方
EU首脳会議で難民問題合意
PERU学校支援のお知らせ
続く世界の異常気象
ベルギーで連続テロ
ウォータークロックがもたらす干ばつと飢餓
常軌を逸した中国政府と中国人
PERU学校建設の決算報告
世界各地に出現する不思議な雲

インドネシアを怒らした中国監視船の振る舞い

 
 

 
 


中国政府に強く抗議するインドネシアのスシ水産大臣

 
 

19日、インドネシアの海域(排他的経済水域)で違法操業している中国漁船を、インドネシアの監視船が発見。 船員8人を拘束し、捜査のため漁船を曳航(えいこう)。 ところが、曳航中の20日未明に中国海警局の監視船の1隻が体当たりし、もう1隻が中国漁船を奪い取るという事件が起きた。

中国側の監視船はインドネシアのそれに比べて、3倍近く大きいためそれ以上抵抗できず、監視船は船員を拘束した状態でインドネシアに帰港。 これを受けて、インドネシアの水産大臣が「「非常に深刻な事である。 南シナ海の平和を促進しようとしている、我々の長年の努力を侮辱された。 力が正義ではない。 自国の領海だと主張しているのは中国だけ。  それを認めている周辺国は一つもない」と、中国政府に強く抗議。

日本でもニュースで伝えられていたが、あまり大きく取り上げられなかったためご存じない方も多いことだろう。 しかしこの事件は南シナ海問題で中立の立場を取ってきたインドネシアにとっては衝撃が大きく、これから先の対中国政策に影響が出る可能性があり、これから先、インドネシアは南シナ海問題では 中国に対する対応を変え、フィリピンやベトナムと同調することになりそうである。

このニュースを聞いて気になったのが、先般、中国との間に結ばれたインドネシアの高速鉄道の建設問題である。 これについては、「インドネシア高速鉄道建設、早くも頓挫」で記したように、中国への発注が決まり 2月にジョコ大統領も出席して起工式が行なわれたものの、中国が推し進めようとする線路の耐震性などについて多くの問題があり、国の監督官庁から待ったがかり、工事再開の見通しがつかなくなっている。

そこに来て今回の中国の理不尽な行為である。  今回の件は、インドネシアの多くの国民が注目していた夢の高速鉄道建設が、安全性や耐久年数などについて幾つもの疑念が見つかったことで、中国人のやることに疑念を抱いていた矢先。 それだけに、自国の海で拿捕した漁船を力ずくで奪い返 された上、漁船には非がないから乗組員をすぐに釈放しろという中国政府の主張には、大きな反発が起きて当然である。

 
 

 
 

 

 
 

 
 


これだけの大型警備船にやられたらインドネシアの小型巡視船は太刀打ち出来ない

 

 

アルゼンチンでも同様な違法漁業事件発生

 
 

 
 


アルゼンチンの沿岸警備隊によって沈没させられた船には、「魯煙遠漁10」という船名
が記されていた。 この船は中国の山東省にある漁業会社が所有しているものであった。
 

 

実は南シナ海でインドネシアの監視船による漁船拿捕事件が起きる4日前にも、同様な事件が南アメリカのアルゼンチンの海域で発生していたのである。 

首都ブエノスアイレスの南1300キロにあるプエルトマドリン地区沖合のEEZと呼ばれる海域内で違法操業中の中国漁船を発見し、停船を求めた。  しかし、中国漁船はこれを無視して逃走。 沿岸警備隊が漁船を追ったところ、沿岸警備隊の艦艇に繰り返し体当たりしようとしたため、沿岸警備隊は射撃を加え、沈没させたという事件であった。

通常、EEZ内での漁業は、その沿岸国の許可を必要とすることとなっている。 しかし、中国漁船は許可を取っていないばかりか、アルゼンチン政府が漁業禁止とした海域でイカ漁の操業をしていたというのだからひどい。

アルゼンチン政府は撃沈措置をすぐに中国政府に通報。 中国側はそれに対して懸念を表明し、中国漁船に違法行為はなかったと主張して、アルゼンチン政府に事件の徹底した解明を求めている。

この事件は世界で報道され、米国のニュースメディアも一斉に取り上げたが、アルゼンチンによる撃沈措置を批判的に取り上げる報道は皆無だった。 CNNテレビなどは、中国の漁船が世界中で違法な操業を行っていることを強調して伝えていた。 

またアジアのマスコミも、中国との間で海洋紛争を抱えるベトナムの漁業関係者はこのアルゼンチンの措置に「拍手喝さいした」と報じていた。  我が国もこれから先、違法な中国漁船に対して毅然たる態度を取らなければ世界から馬鹿にされる。

それにしても 、げに恐ろしきは中国という国であり中国人である。 漁業関係者だけでなく政府の巡視船までが加わって、他国の領域内で違法操業を繰り返しているのだからあきれる。 人間としての常識や外交マナーに欠けるこうした常軌を逸した行為を繰り返すたびに、中国に対する嫌悪感は高まるばかりである。 こんな国が世界の覇権国家になった時のことを考えただけで鳥肌が立つ。 なんとも恐ろしいことである。

 




 

戻る 上へ 進む