止まらない株価の下落


ホーム
上へ
謹賀新年
ミニ講演会のお知らせ
北極圏で異常気象
波乱の幕開け・世界の株式市場
中東に新たな危機
天候一変、モスクワに寒波と雪
北朝鮮・水爆実験か?
銃大国アメリカの苦悩
中国株式市場の実態
シリア国内の困窮者たち
ドナルド・トランプ氏の重大発言
シリアのマダヤに救援物資届く
一寸先は闇の世界情勢
止まらない株価の下落
各地で降雪
一極集中化する世界の富
ロシア将校殺害に関する報告書
米国を襲う大型暴風雪
暖冬から一転、異常な寒気へ
米英のプーチン攻撃
日銀・マイナス金利導入
前途多難のシリア和平協議
『謎多き惑星地球』 再出版のお知らせ
イスラエルの未来に暗雲
シリア和平協議中断後の行方
インドネシア高速鉄道建設、早くも頓挫
マイナス金利が導いた株安
一人っ子政策が産んだ社会のひずみ
北極圏に建造された種子貯蔵庫
シリア・遠のく内戦終結
年金資金による株価急騰劇
核廃棄物保管施設
原油価格暴落の真相
原油価格下落の行方
カブレラストーン展終了のご案内
正念場を迎えた中国
限界に迫る難民問題 @
難民問題・最後の鍵を握るトルコ
PERU・学校建設のご案内
不安定化に向かうトルコとドイツ
季節外れの雪景色
ロシア軍シリアから撤収の真相
PERU学校支援・緊急お知らせ
どうなる難民たちの行方
EU首脳会議で難民問題合意
PERU学校支援のお知らせ
続く世界の異常気象
ベルギーで連続テロ
ウォータークロックがもたらす干ばつと飢餓
常軌を逸した中国政府と中国人
PERU学校建設の決算報告
世界各地に出現する不思議な雲

要因は、中国経済の減速と原油価格の下落

 
 

 
 


ウォール街の取引業者たちにも次第に動揺と不安が広がり始めたようだ

 
 

年初明けの中国株の急落から始まった今年の世界的な株価低迷。 連日大幅な上げ下げが続く中、その後も株価の下落傾向は続き、昨年8月の上海市場の暴落時につけた価格をさらに下回り始めた。 

世界の市場関係者に動揺が走ったのは、中国の代表的な株価指数である上海総合指数が5000ポイント台から一気に3000ポイントへと、40%も急落した昨年の夏。その後4ヶ月、上海株は中国政府が行った大株主の株売却を禁じる等の信じ難い政策の発動で、どうにか3600台にまで戻していた。

そうした動きに安心感が広がり年末に向けて、世界的に株価は戻りに転じていた。 ところが年明けから再び急落が始まった上海株が、昨日には8月の最低株価をさらに下回る2900ポイントまで下落(最高値の56%)。 それを受けて東京、ヨーロッパ、米国と揃って大幅な下げとなった。 日本株は17147円(最高値の81%)、米国は15988円、(87%)、ドイツは9545マルク(77%)。

世界の株式市場の下げの要因は、上海株の下落に代表される中国経済の減速懸念だけでなく、原油の下落がもう一つの大きな要因となっている。 2011年代から3年間ほど1バーレルが100ドル台を超えていた原油価格は2014年から一気に下落しはじめ、昨年末には30ドル台となり、下落率はなんと60%を越すところとなった。 

 
 

 
 


原油価格の下落は経済面だけでなく、政治的混乱をも招くことになりそうだ。

 
 

ところが今月に入ってから、中国株の下落とまるで歩調を合わせるかのように更なる下落が始まり、昨日のニューヨークのWTIと呼ばれる先物の原油価格はとうとう30ドルを割り込み29ドル台に突入、12年2ヶ月ぶりの安値となった。 2008年6月の134ドルに比べると下落率はなんと80%近くに達している。 下落の主要な要因は中国の景気減速と、間もなく始まるイランの経済制裁解除を受けての石油輸出による、原油在庫量の増大である。

寒い冬場の灯油下落は世界中の消費者にとって天からの恵みのように思われるだろうが、ぬか喜びしているわけにはいかないのが現状だ。 原油下落の急落がもたらすマイナス要因は政治を巡る世界情勢にも大きな影響を及ぼす可能性が大で、米ソ間の対立からハルマゲドンへの発火剤ともなりかねないからである。

その点はまた後日記すことにするが、不安な点は、世界的な株価急落の要因となっている中国株と原油価格は、これから先も更なる下落が予想されることである。 上海株は2000ポイントまで下げが予想され、原油価格もまた20ドル割れすら取りざたされているのだ。 これから先、上げ下げはあるだろうが、中国株と原油価格の短期間での下落が一気に進むようなら、世界の株式市場の混乱は一段と増すことになりそうである。

あとは、「闇の勢力」が事態の進展を急いでいるか、今しばらく時間を稼ごうとしているかにかかっている。 いずれにしろ、今の株式市場は素人が手を出す時でないことは確かだ。

 
 

 
 

 

 




 

戻る 上へ 進む