北極圏に建造された種子貯蔵庫


ホーム
上へ
謹賀新年
ミニ講演会のお知らせ
北極圏で異常気象
波乱の幕開け・世界の株式市場
中東に新たな危機
天候一変、モスクワに寒波と雪
北朝鮮・水爆実験か?
銃大国アメリカの苦悩
中国株式市場の実態
シリア国内の困窮者たち
ドナルド・トランプ氏の重大発言
シリアのマダヤに救援物資届く
一寸先は闇の世界情勢
止まらない株価の下落
各地で降雪
一極集中化する世界の富
ロシア将校殺害に関する報告書
米国を襲う大型暴風雪
暖冬から一転、異常な寒気へ
米英のプーチン攻撃
日銀・マイナス金利導入
前途多難のシリア和平協議
『謎多き惑星地球』 再出版のお知らせ
イスラエルの未来に暗雲
シリア和平協議中断後の行方
インドネシア高速鉄道建設、早くも頓挫
マイナス金利が導いた株安
一人っ子政策が産んだ社会のひずみ
北極圏に建造された種子貯蔵庫
シリア・遠のく内戦終結
年金資金による株価急騰劇
核廃棄物保管施設
原油価格暴落の真相
原油価格下落の行方
カブレラストーン展終了のご案内
正念場を迎えた中国
限界に迫る難民問題 @
難民問題・最後の鍵を握るトルコ
PERU・学校建設のご案内
不安定化に向かうトルコとドイツ
季節外れの雪景色
ロシア軍シリアから撤収の真相
PERU学校支援・緊急お知らせ
どうなる難民たちの行方
EU首脳会議で難民問題合意
PERU学校支援のお知らせ
続く世界の異常気象
ベルギーで連続テロ
ウォータークロックがもたらす干ばつと飢餓
常軌を逸した中国政府と中国人
PERU学校建設の決算報告
世界各地に出現する不思議な雲

気候変動・自然災害に備えて

 
 

 
 


北極圏のスバルバル諸島に造られた「世界種子貯蔵庫」

 
 

北欧のノルウエーとフィンランドから届いた二つのニュースをお伝えする。 世界種子貯蔵庫と核廃棄物保管施設に関するニュースである。 

今回は、北極圏のノルウエー領・スバルバル諸島にある「世界種子貯蔵庫」についである。 これは2008年にノルウエー政府が世界100ヶ国以上の支援を受けて建設したもので、深刻化する気候変動や自然災害、病気の万延などに備えて 、農作物の種子の絶滅を防ぐことを目的とした「種子の箱船」とも呼ばれている施設である。

運営はFAO(国連食糧農業機関)の関連団体「グローバル作物多様性トラスト」が欧米諸国や民間団体からの支援を受けて行っており、マイケルソフト社の創立者・ビル・ゲイツ氏設立の財団が支援したことでも知られている。 農作物の種子を保存する施設は世界各国にあるが、この「世界種子貯蔵庫」はそうした施設から種子を預かり、種子保存のバックアップを担って おり、 そこには現在53ヶ国66の機関から87万種の種子が預けられている。

貯蔵庫はあらゆる災害に耐えられるように、スバルバル島の山を掘って作られた海抜130メートルのトンネルの中に作られており、地球温暖化で北極と南極の氷のすべてが溶けたとしても種子が完全に保護されるようになっているようである。

内部の温度はマイナス18℃。 部屋の中に建ち並ぶ棚には世界中から持ち込まれた様々な種子が並べられている。 その半分以上が最も大事な食物の種子で 、プラスチックの袋に入れられて保管されている。 大規模農業で使われる種子は少なく、遺伝子の異なるものを保存しているようなので、最近の遺伝子操作を施した種子は少ないようである。

 
 

 
 


北極圏のスバルバル諸島造られた「世界種子貯蔵庫」(イギリスBBC)
 

 
 

 
 

 

 
 

問題はこれから先、施設が地球規模の巨大な自然災害や気候変動、あるいは核兵器が使用されたとき、果たして崩壊 から免れて生き残った人々の役に立つかどうかである。 もしも生存者がいたとしても、彼らが保存された種子を使うには、貯蔵庫の存在を知っていなければならない。 さらにすべての交通手段がなくなった後に、遠方からその場所にたどり着くことが出来るかどう かという問題がある。

かって、先代の文明が滅亡したとき、高地や地下に避難して生き延びたインカやマヤの人々が、新しい生活を始められたのは、プレアデスから来た支援者から食料となるトウモロコシやイモなどの種子を与えられたからだと、マヤ族のドン・アレハンドロ長老は話して下さった。

龍蛇族系の神々を中心とした宇宙人たちは次なる艱難に備えて、植物の種子だけでなく大小の動物の種子に至るまでのすべての種子と遺伝子を、次なるアセンション後の世界の再生のために、宇宙船に保管し終わっておられるようである。 それらは生まれ変わった地球・アルスに運ばれ、地球の再生のために戻って来た人々のもとに届けられることになるのだ。

これまで6回にわたって人類が遭遇した艱難と違って、次なる艱難は地球の表面だけでなく、人類によって破壊され汚された地球の内部深くまで浄化されることになる。 それを考えると、大規模な自然災害や気候変動に備えた「世界種子貯蔵庫」と言えども、持ちこたえることは難しいのではなかろうか。

しかし、いざという時の助けとなるよう、備えをすることは大事なことである。 「世界種子貯蔵庫」が地球再生に役立 つならそれに越したことはない。 核廃棄物保管施設に関しては次回に掲載予定。

 
 

 
 


貯蔵庫には年に3回種子を運び込むことが出来る
 

 
 

 
 


トンネルの先にある貯蔵庫への人の出入りは厳しく制限され、厳重に管理されている。
 貯蔵庫へ通じる氷結した入り口の様子を見ると、構内の気温の低さの程が分かる。 
 

 
 

 
 


建ち並ぶ棚には、現在53ヶ国66の機関から87万種の種子が
預けられており、日本からも大麦の57種類が預けられている。
 

 

 

 




 

戻る 上へ 進む